fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ちょっと考えたこと
昨日、料理しているうちにすご~く気になることがあった。

この子のことは何度かこのブログに書いているが、日本人の父親とアジア系にも見えた母親(でも多分キウィ)との間に産まれたまだ小学校低学年の男の子のこと。

両親の離婚後、ははおやに引き取られて転校して来たが、母親を最近交通事故で亡くし、父親は再婚して別な家庭を持っている。父親はそれほど遠くないところに住んでいるのに、これまで数回しかその子に会いに来ていない。今は、母親の両親が彼の面倒をみている。

が、亡くなった母親は日本語がペラペラだったようで、いつかは自分の息子にも日本語ができるようになってほしいと願っていたらしい。彼が中学生ぐらいになったら1年ぐらい、日本のおじいちゃん&おばあちゃんのお世話になって留学できたらというのが夢だったそう。この夢が叶う時は来るんだろうか。。。

私も子供を持つ母親だが、今自分がいなくなっても夫はきちんと子供達を育てて行ってくれると確信している。日本でもそういう人が出て来ているが、キウィは離婚後にだんな側が子供を引き取ることも多く、うちの夫には「離婚しても子供たちは絶対に渡さない」と結婚直後から言われていた。キウィ同士だとどちらも親権を譲らない場合が多く、週に何日かは父親のところ、何日かは母親のところと子供側も大変だろうなと思うけど。

でも、父親が日本人の場合はどうだろう。というより、おじいちゃん&おばあちゃんはどう思うんだろう。息子の前の奥さんとの子供、しかもハーフで言葉も満足に通じない子供を面倒みてくれるだろうか。同じような状況の人から話が聞けたらいいな。






スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック