fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



日本語アシスタント
ニュージーランドでは、一般に日本語アシスタントは無償のボランティアだ。日本語教師と一緒に教えるタイプと通信教育で日本語を勉強している学生のお手伝いをするタイプの2つがある。

日本語教師と一緒に教える場合、その教師が日本人の場合は比較的仕事も容易になるが、ニュージーランド人の場合、何の問題もなく日本語で会話できる人から日本語は通信教育で学んだだけというレベルまでいろいろだ。小学校だと日本語ができなくても日本語を教えていたりする。(うちの娘たちの学校でもスペイン語ができる教師は一人もいないのに近々スペイン語の授業が始まる。。。)

特に教師が進んで日本語を使いたがらない場合、授業前の指示もすべて英語になるので、ある程度英語力は必要だ。少なくとも英検2級ぐらいはないと大変だと思う。授業中にいきなり生徒が質問して来たり、叱らなければならない状況になったりするからだ。

9年生では選択科目の体験をさせるために、短いところでは学期毎、長いところでは半年毎に生徒が入れ替わるところが多い。自分から進んで日本語を選ぶ生徒ばかりではなく、各科目の人数調整のために嫌々ながら日本語に来る生徒もいる。進んで選んで来た生徒もほとんどが文字を教え始めたところで脱落し、始めて1週間もすると多くても5人ぐらいしか真面目にやらなくなるのだ。そこを教師とコントロールするのもアシスタントの仕事だ。実際、私はそのためにアシスタントを雇っていた。

それと違って、通信教育の場合は人数が少ないのでラクだが、生徒がアシスタントを教師とは思っていないのでサボリの時間になってしまったり、その教室がサボリの生徒の溜まり場になってしまうこともある。(コントロールに自信がない場合は、録音する必要がある場合を除いて図書館で授業をすることをお勧めする。)

また、日本人学生にも日本語を履修させる学校もあり(これについては「留学」の項で説明)、英語できちんと説明できないアシスタントだとニュージーランド人学生を無視して日本人学生と日本語で会話をし、授業が授業でなくなってしまうこともある。この国での日本語はニュージーランド人の生徒のためのものであることを忘れてはいけない。同時に語学主任や他の教師からの指示を受けなければならないので英語力はこれまた必須である。

単独の日本語アシスタントは学校側がエージェントに連絡してそこから派遣してもらう場合が多いが、それだとアシスタント側の負担が大きい。年間百万円もかかるところも少なくない。そうではなく、自分で仕事を探したい人は日本語教師会(www.japanese.ac.nz)に連絡してみるといい。メーリングリストで流してくれる。

スポンサーサイト




[PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック