fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



すし in New Zealand
先日、ウェルスフォードのロングジョンシルバーのフィッシュ&チップスのお店に「Sushi」ののぼりを発見、昨日、早速試してみた。日本人が作った寿司でないことは見ただけで分かった。

ここのところ、韓国人の増加で韓国人経営の寿司屋・日本食レストランが増えている。日本人もイタリア料理レストランを開いたりするから、日本料理屋が日本人経営でなくてもいいんだろうし、おかげで自分で作らなくても寿司が食べられる機会が増えたのはうれしい。

けど、何か違うのよね。

まず、韓国人の作る寿司は芸術的だ。薄く細く切られた様々なものが入っている巻き寿司は幅1cmぐらいしかないほど薄~く切られている。生の魚はまぐろではなく鮭またはスモークサーモンが一般的だが、これも生かスモークしてあるのか分からないほど薄く小さくスライスされている。う~ん。。。

私的には絶対に許せない素材もある。アボカドと生のピーマンだ。アボカドは「カリフォルニア・ロール」としてアメリカでも人気だから仕方ないかなとは思うけど、何で生のピーマン?まぁ、選べる時にはいいけどね。

そして極め付けはしょう油!何で中国しょう油と日本のしょう油の味の違いが分からないのか!うちの夫もそうだけど、キウィにはどっちもしょう油、味は同じなのだ。マンガファイで土曜日だけ巻き寿司を売っているデリのセツコさんも「前はキッコーマン使っていたけどね。キウィにはしょう油なら何でもいいみたいだから」って言っていた。

セツコさんのところは作ってお店に並べてから1~2時間で完売してしまうので常温で保存してくれているけど、普通はこれでもかというほど冷たい。冷たくても食べられるのが寿司のいいところだけど、あんまり冷たいのも困りものだ。チェーン店だと作っているところと売っているところが別だったりするから仕方ないのかな~。

オレワにもある某韓国系日本食屋で夫が注文したカツ丼にはサンドイッチ用ハムよりも薄いのではないかと思われるようなカツが載っていた。ファンガレイの支店では鉄火丼だと思って注文したら、全く違った「サシミ丼」なるものがあった。(これは後に日本の女性誌で韓国料理として紹介されていた。)

こちらではあまり知名度のない韓国料理を作るより日本料理の方が成功はするだろうけどね。特にニュージーランドの田舎では。それに、日本人経営の寿司屋はいつも開いているわけじゃなかったり、少し高いからな~。

そうそう、韓国人とは全然関係ないけど、キウィって、ピーマンばかりでなくマッシュルームも生で食べるのよね。生の魚はゲーって言うのに。マッシュルームの生クリームソースなんて生ツバもんだけど、生はゴメンだな。ニンジンもね、細く切ってサラダにというのなら食べるけど、丸ごとはちょっと。切るの、面倒なのかな。きゅうりのスライスなんて分厚いもんね。

sushi

(今まで見た中で一番薄い寿司!ロール半分ぐらいで$8.00近い!)
スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック