fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長女の自信
Kids for Kids


私も夫も自分に自信がない方で、内弁慶の典型だ。だから、せめて子供達にはそうなってほしくなくて機会を見つけては励ますようにしているが、カエルの子はカエル、子供達も内気なのだ。

長女は親の私が言うのも何だが、歌が上手い。超がつく音痴の私からするとうらやましいぐらいだ。私はリズム感はいいのだが、歌は全くダメで、小学校時代からテストの度に人前で大恥をかかされたトラウマで今もカラオケなどでは絶対に歌わない。多分、長女は私の妹や母、こっちの母に似たのだろう。

ニュージーランドではワールドビジョン主催の「Kids for Kidsコンサート」というのがあって、長女は二年前にこれに出た。いろいろな小学校から集まった300人以上の児童をバックにスーザン・プレンティスという歌手が歌うのだ。その時、ソロで歌った子供がいたのを覚えていて、自分もソロで歌いたいと言い出した。

「どうしても歌いたいのなら先生に言ってみたら?」とは言ったものの、最終選考まで残るとは思っていなかったし、当日もオーディションがあって15人から9人に絞られ、長女はマンガファイビーチスクール代表として歌うことになった時には正直驚いたがうれしかった。(同時にトライした次女は当日のオーディションで落とされてしまってかわいそうだったけど。。。)

のんびり屋の私達は義父母に頼んでおいたチケットがあったので入れただけいい状態で一番後ろ。。。背のない私には人の頭しか見えない。同じくチビの次女は段になった舞台上の一番下。スーザン・プレンティスの脚の後ろ。頭すら見えない。しかも義父母はデジカメ忘れるし、私の持って行ったカメラでは遠過ぎてダメで写真すら撮れなかったのである。サイテーの親だ。

そして、昨日。先々週からネットボールの地区代表チームの選抜に立候補していたが、最終選考で落ちてしまった。長女のポジションはゴールシュート。昨日は雨の中、地区代表選考の前にマンガファイチームとしての試合があって、すべって既に肘と膝を怪我していたのだ。2年前には手首の骨にヒビが入ったこともあり、大丈夫かな~とは思っていたけど。彼女の代わりに選ばれた子は「これで11歳?」と思われるほど背が高く、私は責任を感じた。

この1ヶ月で勝利と敗北を経験した長女は少し頼もしくなったような気がする。選抜が始まる前には「受けたくない」と泣いていたのに、「来年は選ばれるかもよ~!」と余裕の笑顔だった。



スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック