FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



元生徒との再会
先週の日曜日に寄宿舎に戻った次女がその翌日、扁桃腺炎で学校から送り返されて来て1週間。抗生物質を飲んでいるものの、なかなかよくなりません。あまり物が食べられないので、何でもいいから好きなものをと思い、ベーカリーに連れて行きました。

ドーナツを選んで会計をしようとしたら、そこにいた女の子が"Are you Katsue?"。
やっぱり!と思い、私も"Are you 〇〇?"と聞くと、私が彼女の名前を覚えていたことに驚いた様子でした。

ベーカリーのオーナーが新しくなり、アジア人になったのは知っていました。そこに初めて行った時、どうも彼女の顔に見覚えがあったんです。向こうもそう思っていたんでしょうね。

で、経理の仕事の最終日にコンピューターが壊れ、中国人のダニーに来てもらった時にダニーから「ベーカリーのオーナーはカンボジア人」だと教わったんです。それでますます確信が付いたのですが、昨日行った時は男の人が会計をしてくれたので聞けませんでした。

何か、とてもうれしかったです。

彼女はBream bay Collegeで私のESOLの生徒でした。ワイプのベーカリーで仕事をしながら学校に通っていたので毎日疲れていて大変そうでした。事情を知らなかった私は教頭に相談に行き、「だから、眠い時は眠らせてあげて」と言われ、1時間眠り続けて"Oh, Miss, I'm so sorry! I didn't realize I fell asleep!"と真っ赤な顔で謝っていた彼女を思い出します。頭のいい子でした。

今は永住権も取れ、大人びていますが、笑うと当時と同じ笑顔で安心しました。

もっとベーカリーに行こうと思います!
スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック