fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



お金が出る!
ここのところ、新たな翻訳会社からトライアルを受けないかと打診があったり、自分から求人に応募してトライアルを受けたりしています。数社結果待ちです。

先日、夫が爆弾発言をしました。娘たちが寄宿制の学校に通っているので毎月、何もしなくても20万円が出て行きます。今月はこれに、次女の冬の制服代、長女のホッケーの道具代、その他モロモロが追加されます。

なのに、夫の所得税だけでなく、公認会計士協会からの監査が来るというのです。。。

ニュージーランドで"Chartered Accountant"として仕事を続けていくためには何年かに1回Practice Reviewというのがあり、来てもらうのに25万円はかかるのです。いい商売ですねぇ。。。
だから、そのおじさんが来る時には夫はすべての資料をすぐに出せるように準備し、コーヒーも出さずに早く帰ってもらえるようにがんばるわけです。1時間追加なんてなったらたまったものではありませんョ。

私の教員登録証は推薦者さえ見つかれば$125で更新できるのでまだラクですが、会計士協会というのは何かとお金がかかる組織なんですね。年間会費、税金に関する本の更新費、そして、義務付けられている分の研修にかかる費用等など。だから、中にはここに所属せずに"Public Accountant"とか自分で名前をつけて仕事をしている会計士もいます。夫も早く監査する側になってほしいものです。

子供たちはお金は何かその辺から湧き水のようにわいてくるものだと思っているんでしょうかね。何も考えちゃいません。

私の仕事はフリーランスなので収入が一定せず、しかも実際にお金が払われるのは仕事をしてから2ヵ月後。しかも日本の銀行口座なので、こちらに移動するまで使えないんですね。

でも!なぜかテニスの後にビールを飲むお金はあるんですよね~。
スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック