fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



NCEAに受かる近道:日本語とESOL
別項で説明したように、日本人ばかりでなく非英語圏からの留学生にとって、NCEAに受かるのは至難の業だ。でも、最終的に日本の大学入試を帰国子女枠で受けるにしても一応トライだけはしてほしい。

まず、日本人の日本語履修が認められている学校なら日本語を取ろう。今は、日本語学習希望者数が減り、9~10年生のジュニアは直接指導しても、セニアは通信教育でというのが一般的だ。これは皆が思うほどラクなことではなく、実際、日本人でも落ちた例もある。「私はニュージーランドに来たのだから、こっちの学生と同じ試験を受けて大学に入るの。日本語なんて英語のできない日本人が取る科目よ」な~んて偉そうに言っていて最終的にNCEAに失敗した生徒もいた。特にリスニングは、テープや先生の言う英語を日本語に直さなければならなかったりして、英語が聞き取れなかったら答えは出せない。英語で出題される問題の内容が理解できなかったら、満足なエッセーも書けないのだ。

それに、学内審査及び共通試験の全部に合格すれば24単位がもらえるのだ。(80単位中の24単位だよ!)NCEAはレベル1を受けなければならないわけではないので、11年生でレベル2、12年生でレベル3を受ければ13年生では他の勉強に集中する余裕もできる。『優』が取れそうな科目なんてそうあるものではない。これを利用しない手はないというもの。

あと、英語だが、大学に入るのには最低でもリーディングで4単位、ライティングで4単位の合計8単位をレベル2のものを取る必要がある。NCEAとIELTSの関係は、NCEAレベル1がアカデミックIELTSの5、レベル2が6、レベル3が7に相当すると考えてもらって差し支えない。IELTSの6なんてそう簡単に取れるレベルではないし、これが何とかならないものか。。。

それが、何とかなるのだ。他の科目が優秀でも英語力だけが水準に満たないので大学に入れない留学生が多いので、そこを何とかするために非英語圏からの留学生のみESOLでの受験が可能になったのだ。学内審査のみで、これに受かればリーディングとライティングが最低4単位ずつ取れる仕組みになっている。使用されるスタンダードは英語のスタンダードを元に作られているので教育省公認。通常、入学審査は留学生とキウィは別々に行われるので、ESOLで単位を取ったからと言ってキウィの入学許可者数が減らされるわけでもないので何ら不都合なことはないはず。

そうすれば、日本語で24単位、ESOLで8単位、残りの48単位を他の科目で取ればいいのだ。まぁ、これでもラクではないが、この2科目での32単位が全くないのとは全然違う。頑なに日本人には日本語を取らせないという学校にはエージェントに交渉してもらおう。

スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック