fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



タックスリターン
最近、2件、タックスリターンのお手伝いをさせていただきました。

1件目はワーキングホリデーですでに日本に帰られた方で、給与明細などが全部は揃っていない、きちんとしないとコワいことになるのではないかと思われていらしたようでした。でも、私がIRDに連絡し、会計士である夫にタックスリターンをしてもらったらスムーズに行き、手数料として彼に$56.25を払い、残りは当日のレートで計算し、銀行手数料をセーブするために私の日本の銀行口座から日本円で振り込むという形にし、¥12,358の返金となりました。

2件目はちょっと大変でした。こちらに住まわれている方で、IRDから$800以上の未納分の税金を払うようにとの手紙が届き、これは自分ではなく雇用主が払うべきものではないのかと思い、雇用主に相談したところ何だかよく分からないとのことでご連絡いただきました。いろいろな書類を送っていただいたのですが、どう考えてもIRDミスとしか思えなかったので、夫に頼みました。

ちょうど、夫も顧客が同じような手紙を受け取ってIRDに連絡したらデータ入力した人の入力ミスだったなどという話をしていたのですが、11月の彼女の収入が1ケタ多くなっていたんです!やはりプロは早いな~と思いました。。。

でも、依頼人の彼女は最初に会計士というだけでかなり怖がっていらっしゃいました!めちゃくちゃお金がかかるのではないかと思ったようです。IRDと彼女の代理人として会計士が連絡を取るためには顧客になってもらわなければならないので、委任状を書いてもらう必要がありました。その時も「これを書いたら毎月いくらとかかかるんですか?」とのこと。

ここで少し説明しておきます。
委任状を書いてもらっても、サービスを利用しない限りはお金がかかりません。委任状がないと、プライバシーに関する領域も含みますので、会計士でもお客さんに関する情報をIRDから受け取ることはできません。委任状はそれを可能にするもので、IRDからの連絡もこれによって会計士に来ることになります。

そこで、会計士が何らかの仕事をしなければならない場合には顧客に連絡をし、顧客に自分で何とかしてもらうか、会計士がしたらいくらになるか見積もりを伝えます。

結局、彼女は$800以上の支払いの義務がなくなったばかりでなく、夫の手数料に$56.25かかりましたが、$250以上の返金という結果になりました。まぁ、夫も忙しいのでトロトロしていて、彼女から催促されるまで小切手を送らなかったのですが(- -;)、小切手を手にした彼女にとても喜んでいただけました。

一度このような形で会計士にタックスリターンをしてもらうと来年も会計士の元にタックスリターンが届きます。その時に日本に帰国している方でしたらIRDにその旨伝えて終わりですし、2件目の彼女のような場合には自分でするのか夫がまたするのか、相談することになります。

ですので、会計士は怖くありませんョ!

004 (2)
(パパも一緒!アヒル一家の大移動に遭遇しました!)
スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック