FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



夏休み短期留学2009(6):ネイティブの先生の授業(2)
午後のクラスは普通クラスです。

語学学校と違ってクラスメートは全員が英語のネイティブスピーカー。みんながブロークンイングリッシュで、先生もゆっくりはっきり話してくれる午前中の授業とは全く異なり、スピードも容赦なく「何を言っているのかさっぱり分からない。最初は何の授業なのかも分からなかった」(Kちゃん)。

Mathx 1

そのうち「何をしていいのか分からなかったら、隣に座っていた子が丁寧に説明してくれた」との余裕も出て来ました。それでも「午後の授業は嫌。。。」とおっしゃっていましたね。

ご両親の中には「午前中の日本人だけの授業をなくして1日中クラスに入れておいてもらうことはできませんか?」とおっしゃる方もいらっしゃいます。これは、英語のレベルがこちらの12~13歳ならOKですが、そうでない限り、メリットはありません。

「現地の子たちとおしゃべりしながら英語の勉強ができたら」というのは現実的ではありません。授業中はもちろん、いくらニュージーランドとはいえ、私語禁止。日本人留学生とゆっくり会話をしている余裕がある生徒なんていないと思います。そんな中に1日中いたら頭がおかしくなります。。。しかもその中でどのぐらい英語を話すチャンスがあるでしょう?1日いて数えられるほどしか話さなかったら、せっかく現地の学校に行くメリットがないのではないかと思います。

最近、「子供が母国語を覚える時は耳から、だから大人も同じように。。。」と書いてあるホームページを見つけましたが、どうなんでしょうね?ちょっと考えてみたのですが、小学校の授業をボーッと聞いていたって何も覚えなければ突然話せるようになったりしませんよね?母国語において、「聞く&話す」は小学校入学前に家で完成されていて、小学校に入った時に母国語を聞いたり話したりできないという子はいません。だから、小学校で教えることは、家でなかなかできない部分、つまり「読む&書く」という面は中心になります。黙って授業をしていても、「聞く&話す」能力が低下したりしません。そして、授業以外の場所でも「聞く&話す」という勉強は続けられて行くのです。その時間数と同じぐらいの時間を掛けても、耳から英語を勉強した大人はこちらの小学6年生と同じようには話せるようにはなりません。(覚える、記憶に留めるという努力をしなければ右から左に抜けていくだけです。。。)

Mathex 2

また、中学生を小学生と一緒に勉強させることについてですが、これは私が考えたことです。Aちゃん、Kちゃん、Hちゃんは全員が中学2・3年生。私の長女のJと同じ年齢です。

Jは日本の中学3年生に当たる学年です。ニュージーランドの学校は日本の夏休みに当たる時期から3学期が始まります。4学期にはセニア(11年生~13年生)は統一試験が11月14日から始まるので、4学期が始まったらすぐに試験勉強休みに入ることになります。来年はこれを受けることになるJも学年末考査に向けて、ここのところ授業もかなり難しくなってきています。そこに日本人留学生を入れたらどうなるか、考えてみました。

それは、Jを日本の中学校の3年生にこれから留学(うちの場合は二重国籍なので厳密には転校ですが)させるのと同じ状況になると思いました。そしたら、みんなが必死に勉強している時に日本語学習歴3年のJが入っても楽しめないだろうなと思ったんです。

「いや、小学校でも大変。。。数学の問題、私たちがまだ習っていないようなのもやってた」(Kちゃん)。KちゃんとHちゃんに、娘の小学校は私立なのかと聞かれましたが、もちろん公立です。でも、数学はレベル分けされていて、トップレベルのクラスでは高校1年生レベルぐらいまでカバーします。Kちゃんの担任の先生だったMiss Gも「いきなり上級クラスは驚いたかしら。。。」とおっしゃってました。

Mathex 3

Kちゃんはうちにホームステイしていたので、次女のJが学校代表チームの一人として参加した"Mathex"という数学のノースランド南部大会も見に行きました。「こんな大会があるんですねー」と驚かれていました。その会場が私がかつて教鞭をとっていたセカンダリースクールでしたのでそこもご覧になっていただきました。
スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック