FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



医療通訳になりました!

354                    この度、無Certificate事、Northland District Health Boardの医療通訳になりました!

 ニュージーランドにはMinistry of Health(厚生省)のDistrict Health Boardと呼ばれる地方支部が21あり、Northland District Health Boardもその中の一つです。http://www.moh.govt.nz/moh.nsf/wpgindex/Links-District+Health+Boards+Contents 

  Northland District Health BoardはWellsfordより北の4つの総合病院(Whangarei Hospital、Bay of Islands Hospital、Kaipara Health Centre、Kaitaia Hospital)を管理していて、文字通り、北島でも最北端部分をカバーしています。

 「もっと何か仕事ないかなぁ~」と思っていた時、何度となく『NZ大好き』などで「医療通訳」という文字を見ることがあったので「う~ん、これもいいかな」と思ったのがきっかけでした。

 元々、医学には興味があったんです。「どこか具合が悪いというとあの分厚い本(家庭の医学全書)を出して来て眺めているもん、当たり前だ」と夫は笑いますが、あれには病名が英語でも書いてあるんですよ。

 私はこれまで、NZで手術を2回受けています。最初は予定帝王切開、2回目は腹腔鏡下での緊急手術です。入院はその前につわりで2回(3日間)、帝王切開の前後2ヶ月、自然分娩の後1日、緊急手術の前後2日、最後の2回はWhangarei Hospitalでした。その時、最初は夫が付き添ってくれたものの彼には専門用語が分からず、私が説明しなければならなかったのでドクターや看護婦に笑われたものでした。Whangarei Hospitalには実は一度通訳を依頼されて行ったことがあったんです。「出産後、マタニティーブルーで泣き止まない日本人女性がいて、あなたとしか話をしないと言っている」と電話があって。

 日本でもそれほど体が丈夫ではなかったのですが、手術をしたことはなく、NZに来てから、やはり異国の地になじむのは楽ではないのか、体調を崩し、うつ状態になったり自分なりに大変な思いをして来ました。だから、医者でなくても自分には医療の面で人を助けることができるのではないかと考え始めたのです。

 でも、何から手をつけていいのか分からなかったので、医者にかかったついでに受付で聞いてみたんです。そしたら「ここに連絡してみて」と連絡先を書いてもらいました。そこに連絡したのはしたのですが、「通訳を雇うことは雇うが1年に1回程度なので次の募集が出たら連絡します」と言われたきり、しばらくウンともスンともなくて。でも、忘れた頃にメールが届きました。

 4年制大学を卒業しているというのが最低資格だと言われ、履歴書を送りました。その後、2月28日にWhangarei Hospitalで1日の講習があり、3月12日に試験がありました。2週間ほどして向こうから電話があり、「Aで合格しました!」とのこと。(きちんと講義を聞いていれば、この試験に落ちることはまずないだろうと思われるような内容でしたが。)「契約書やCertificateを後でお送りします」と言われ、それらが昨日届きました。(分厚い請求書も同封されていましたが、これがいっぱいになるほど仕事はあるのでしょうか。。。)

 英語に不自由な日本人が怪我をしたり病気になった時しか需要がないのですが、人材は確保しておく必要があるとのことで、まぁ、納得はしています。需要はない方がいい仕事ですし。

 今回はニュージーランドの国立病院の医療通訳になれたのもうれしかったのですが、それ以上に、講師として来てくださったDr Fentonと出会えたことに感謝です。彼女もNZ Society of Translators and Interpretersの会員で、「私は資格がないからObserverなんですけど、NAATIの試験を受ける以外に昇級させてもらう方法はないのでしょうか」とメールで聞いたらすぐに返事をいただいて、通訳の仕事は証拠が残らないから感謝状や推薦状でも充分なのでそれらを集めて協会に送るように言われました。どうなるか分かりませんが、少しでもステータスになるようなものをいただければと思っています。(今さらお金も時間もかけて就職につながらない資格を取りたくないんです。。。)

 うれしい報告でした!かおまる

スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/interpreter/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/interpreter/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
token:NlopAgCZ

【2009/04/30 09:18】 URL | sirube #mtsVTvCA [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2013/08/30 04:15】 | # [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック