fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



大手留学エージェント倒産!!!
日本の大手留学斡旋業者が倒産したそうですね。これが私のように副業としてしかやって行けないようなエージェントには朗報なのかも知れませんが。

もちろん、エージェントもビジネスですし、手数料やサポート料でしかお金を儲けることができませんからお金を取るのは当たり前です。でも、どこでどうお金が使われているんでしょう?

まず、学校の授業料、ホームステイ代、空港送迎代など全部でいくらと総額だけを掲示してくるところは要注意です。明細を請求しても出してくれないのは、行方を知られたくないお金があるとしか思えません。

以前、参考のために買った留学の案内書の中に近くの学校が載っていたのですが、実際にそこに行って案内書をもらってきたら、授業料として記載されてある金額に$5000もの差がありました。また、ある学校に案内書をお願いしたら「授業料として記載する額はいくらにしますか?」と聞かれたこともあります。つまり、授業料はかなり自由に操作できるもののようです。でも、学校に生徒を紹介すれば紹介料として学校からエージェントに授業料の15%が入る仕組みになっているんですよ。

ホームステイ代も高く払ったからいいところを紹介してくれるかというとそうではありません。当然、土地や家が高い地域のホームステイはそうでないところよりは高くなるでしょうけど、ホストファミリーの質に反映するものではないでしょう。

空港送迎費は空港からどれだけ離れているか、個別に送迎するのかによっても違うので何とも言えませんが。例えば私のところでは、今のところ成田からの直行便は朝8時にオークランド空港に到着するので確実にお出迎えするために前日にホテルを取ります。自家用車で行くのでマイレージ&サービス料で$250(往復250Km)にホテル代$100前後がかかります。

ただ、このビジネスを始めて驚いたのは、広告代の高さです。日本で有名な某留学雑誌に問い合わせたら1冊に一番小さい広告を載せてもらうのに100万円、そこのホームページに広告を載せたら1ヶ月100万円と言われました。よく「いろいろなところで広告を見る」=「大手で安心」と捕えている人もいるようですが、これはイコール「その分が費用に上乗せされる」ということです。それを日本側とニュージーランド側でやっていたら大変な金額になります。

しかも、そういうところは一等地と呼ばれるところにオフィスを構えていたりします。その家賃もすべて留学費用に上乗せされてくるのです。ボランティアじゃないですから、どこかからその資金を集めなければなりませんから当然です。

つまり、手数料として請求される金額の大半が実際にお世話になる時にかかる分ではないことが多いのです。まぁ、うちは自宅の自分の部屋でやってますから地代も何もかからないのでサポート料のみでやってます。

そして、サポート料も金額に見合ったサポートを受けられるのかどうかも問題でしょう。中にはワーホリがワーホリのお世話をしていて、地理も仕組みも全く分かっていないこともあります。

う~ん。。。どこに広告を出したら一番効果的なんでしょう。。。
スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック