FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ニュージーランドで日本語教師になりたい
まず、ニュージーランドでの日本語教育の実情をお話しましょう。日本語は例えばセカンダリースクールの場合、10以上ある選択科目の中の一つになります。外国語を必修にしている学校もあればそうでないところもありますが、日本人が想像しているほど人気のない科目であります。日本語だけでフルタイムになれるところは少なく、英語やその他の科目も教えている教師がほとんどです。(私もESOLを教えていました。)

セカンダリー教師が人材不足なのはそうなのですが、理数系のみです。なので、文系しか教えられない場合には永住権がない限り、資格を取ってもまず就職できないということになります。

1)日本で4年制大学を卒業して教員免許状(中高)もある
2)日本で4年制大学を卒業しているけど教員免許状が高校のものはない
3)日本で4年制大学を卒業しているけど教員免許状はない

どの場合にも、まずはNZQA(ニュージーランド資格審査局)で日本の資格を査定してもらいます。
http://www.nzqa.govt.nz/for-international/qual-eval/international/index.html 費用は$450.00です。

1)で、結果が"comparable to the educational level of a bachelor's degree from a New Zealand university and a Diploma of Teaching from a New Zealand college of education or recognised provider in New Zealand"と認められれば、IELTSアカデミックを受験し、全てのモジュールで7以上であれば教員登録ができます。http://www.teacherscouncil.govt.nz/ 5年間有効で$120.00。

2)プライマリースクールレベルに挑戦するか3)と同様にGraduate Diploma in Teachingを取ればOKです。IELTSは入学資格として必要になり、教員登録のために再度受験する必要はありません。プライマリースクールはキウィにも人気があるセクターなので、資格を取っても就職するのは難しいと思います。(プライマリースクールでも高学年に外国語を教えているところもありますが、だれでも教えられるようにプログラムが作られていて、日本語ができなければ教えられないというわけではありません。)

3)College of Educationで1年間、講義と実習を中心としたコースを受講し、教員登録をします。IELTSに関しては2)と同じです。

日本語教師養成講座を420時間修了した、または日本語教師検定試験のようなものに合格しても、「4年制大学卒業+教員免許状」でなければ学校の教員にはなれません。

教員登録をしても必ず教師になれるわけではなく、普通はキウィ優先で、だれも他に応募者がいない時でもないと資格があっても採用してもらえません。

教員登録があれば臨時ならどのセクターでもOKです。私も幼稚園で教えています。

アシスタントはボランティアが主です。求人は『NZ大好き』http://nzdaisuki.com/の求人欄に応募されるか、または日本語教師会www.japanese.ac.nzに問い合わせてみてください。
スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック