fc2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ニュージーランドの教育 VS 日本の教育
「『ニュージーランドの教育と日本の教育の違いについて思うことをまとめてきてくれない?』って言うからそうしたら『これはあなたの意見でしょう?こんなことは言わない方がいいわ。』『これも言わない方がいいわ』ってどんどん省かれて、最後にはどうでもいい内容になっちゃった!」と日本では現役の中学英語教師がカンカンに怒って言っていた。

ニュージーランドの教育にも日本の教育同様に問題はたくさんある。

まず、怠慢な先生が多い!日本じゃ、朝から晩まで働いて、夏休みも学校にいたり研修だったりしてゆっくり休めない。こっちの先生はホリデーはホリデーだから仕事はしないし、週末ももちろんダメ。研修などは学校を休みにしてやる。共働きや仕事を持つシングルマザーからは大ブーイングだが全く気にする様子はない。

授業は3時半には終わるところが多く、授業が終わったらすぐにバスが出る。バスは無料だけど、その代わり乗るバスが決まっているし、1本しかないのでそれに乗り遅れたら大変だ。4時にはほとんどの教員が帰ってしまう。

それでも教員の仕事の量が多いと文句を言うので、毎年ノンコンタクト(空き時間)が増えて行く。

セカンダリースクールのように各科目違う先生が教えるのなら大した影響もないんだろうけど、小学校でこれをやられたら最悪だ。長女の来年の担任は修士号を修了するための時間が必要だからと週3日しか教えず、残りの2日は臨時教員になる。そんな落ち着かない状態で。。。

「妊娠するな」とは言わないけど、女の先生は産休でいなくなる人も多いし、小学校に男の先生はほとんどいない。理由は、シングルマザーだらけで父親のいない環境で育った子供が多く、男の先生は「少し手が触れただけでセクハラと言われた」りして「なりたくない」からだ。しかも、宗教的理由で避妊しない先生だと毎年のように産休になる。

授業と授業の間に休み時間がないことも多く、トイレに行ったりして遅れてくる生徒がいたりしていつまでも授業が始められないし、授業中でも手を挙げてトイレに行くヤツがいる。落ち着いて教えられる環境ではないのだ。

「日本の学校を視察すればいいのに」と前出の彼女。でもね~、無理よ。日本語教育でだけでも私もだいぶ嫌な思いしたもん。大学入試レベルの問題のミスを指摘したら「ニュージーランドなんだからこれでいいのよ。全く、みんな寄ってたかって他人の仕事にケチつけて。こんな大変な仕事を引き受けてくれた人に感謝するってことも知らないんだから!」って言われたもんね。ケチつけたんじゃなくて、もっときちんと仕事しろって思っただけなのに。日本で同じことしたら新聞の一面に出るよ!


スポンサーサイト




テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

この記事に対するコメント

今、日本では真の教育改革だなんて、若造の宰相が綺麗事言っていますが、能書きなんて弄くってみたって何も変わりっこありませんよね
子供は教えようとすることなんて覚えようとしない。教師のやることを真似するだけなんですから
そういう意味では、世の大人は子供にとって24時間教師。大人が腐っていたら子供も知らず知らず腐った行動をとる様になる
大人が一生懸命なら子供も一生懸命頑張る。単純にそれだけだと思うんです
いじめや自殺でカオスに陥っている日本の学校は、大人の社会の縮図であるという事が明白なんですが
みんな真実を語るのが嫌なのかな?それともホントに馬鹿なのかな?
バッジを着けたセンセイ達

【2006/11/29 09:26】 URL | ナベゾ #KbsGvsXs [ 編集]


同感です。

大人が平気でウソをつくのに、子供に「ウソをつくな」とは言えません。バッジをつけたセンセイ方なんて特にウソつき放題じゃないですか!国会中に居眠りはするし、平気で他人を怒鳴りつけるは暴言は吐くわ。。。そんな人達が考える「真の教育改革」ねぇ。

それに、センセイ方は勝手にいろいろな法案を出すけど、実際に影響を及ぼしてくるのは子供達と毎日接する親と教師。センセイ方が腐っていたらその下の教師も腐ります。残念ながら素晴らしい教授法など、いい面は伝染されず悪いところだけ伝染していくんですね。悪い方がラクだから。

だいぶ前、夫がAETになる数年前から「本当の国際交流を目指す」なんて言って、どこでもAETがいる時代になりましたけど、英語ができないままワーホリに来る日本人の数が減ったとは思えません。

ニュージーランドの教師も日本の教師も怠慢な人が多過ぎ!ニュージーランドなんてあと残すところわずかだもの、毎日がビデオ鑑賞になるんだろうね。「ホリデーや週末は休むものだから宿題は出すべきでない」なんていうバカらしい校則もあるし。それって教師が課題準備するのが面倒なだけじゃないの?と思う私はいつも孤立していました。

【2006/11/29 12:03】 URL | たら #7AHpTeQk [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック