FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



大手翻訳会社の日英トライアル合格!
『翻訳者ディレクトリ』に出ている求人広告に応募し、トライアル&合格を繰り返すうちにだんだん翻訳の仕事の仕組みが分かるようになって来ました。

どうやら求人には2つのパターンがあり、1)翻訳会社がフリーランス登録者の数を増やすために出すものと2)大きなプロジェクトがあってそれに参加できる人を募集するものがあるんですね。1)の場合は合格しても登録されるだけですぐに仕事が来るわけではないのですが、2)はすでにそのプロジェクトがあるので確実に仕事が来ます。

今回の求人は2)のパターンでした。

応募書類を送るとすぐにトライアルの案内のメールが届き、それを開けたら「島田魁」と書いてありました。

正直、無理だと思いましたね。高校では世界史を選択したので日本史なんて中学の時にやったきりですし、「新撰組」も名前は知っていましたが、トライアル課題には読み方の分からない漢字がずらずら並んでいましたし。

それで調べるうちに同じトライアルを受けている人が他にもいることを知りました。
http://kochan3.blog26.fc2.com/blog-entry-917.html
http://shinsengumikaden.blog70.fc2.com/blog-entry-43.html

当然ですよね。。。アルクの『翻訳事典』によるとその会社に登録している翻訳者は2000人近く。付属の翻訳学校があるのでそこの修了生が優先されるだろうし、外部から合格するのは至難の業と思われました。しかも、ここのトライアルは以前、英日で受けて不合格でした。

それでも何となく訳し始め、あと数行というところまで行ったのですが。。。

「島田は文芸も好んだと思われ、土方歳三への追悼歌も残している。
鉾とりて月みるごとにおもふかな あすはかばね(屍)の上に照かと」

この短歌の解釈です。どこを探しても「土方歳三(無知の私は「サイゾー」だと思ってましたねぇ)を思って作った歌」としてこの短歌が出て来るだけで、これをどう解釈したら「土方を思って作った歌」になるのか。

完璧主義の私はいろいろな人にメールで聞いてみました。

・鉾(=武器)を手に月を見るたびに思うんです、明日は(私、私たち)の屍の上を照らしているかもしれないと。
・鉾を持って、月をみる度に思うことがある。あしたはあなたの屍の上にこの月が照るだろうかと。
・(土方氏が亡くなって)戦いに行く為、鉾を手にし、月を見る度に明日は(土方氏同様)屍となって、わが身の上を月が照らすだろうか。

まぁ、答えはチェックされて戻って来るわけではないのでいまだに不明ですが。。。

で、これをつい最近、校正者として採用したおじいさんCとがんばったワケです。キウィCは全く日本史や日本文化に関する知識はありません。でも、長年エディターをしていたので、私の文章を英語として読めるものにしてくれます。だから、これで落ちたら、当然、私の翻訳が正しくなかったことになり、すべて私の責任になりますよね。

日本について知らないCが直してきた部分に説明をつけてまた直してもらう。そんなことを5~6回繰り返し、それでも納得できなかったところが1ヶ所あったので夫に聞き、最終的にもう一度Cに確認してもらって提出しました。

とーってもうれしかった「合格」通知。早速Cに電話を入れました。私の父が生きていたらCと同じぐらいの年齢になっていたでしょうか。素晴らしいパートナーができそうです。
スポンサーサイト



テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

元生徒との再会
先週の日曜日に寄宿舎に戻った次女がその翌日、扁桃腺炎で学校から送り返されて来て1週間。抗生物質を飲んでいるものの、なかなかよくなりません。あまり物が食べられないので、何でもいいから好きなものをと思い、ベーカリーに連れて行きました。

ドーナツを選んで会計をしようとしたら、そこにいた女の子が"Are you Katsue?"。
やっぱり!と思い、私も"Are you 〇〇?"と聞くと、私が彼女の名前を覚えていたことに驚いた様子でした。

ベーカリーのオーナーが新しくなり、アジア人になったのは知っていました。そこに初めて行った時、どうも彼女の顔に見覚えがあったんです。向こうもそう思っていたんでしょうね。

で、経理の仕事の最終日にコンピューターが壊れ、中国人のダニーに来てもらった時にダニーから「ベーカリーのオーナーはカンボジア人」だと教わったんです。それでますます確信が付いたのですが、昨日行った時は男の人が会計をしてくれたので聞けませんでした。

何か、とてもうれしかったです。

彼女はBream bay Collegeで私のESOLの生徒でした。ワイプのベーカリーで仕事をしながら学校に通っていたので毎日疲れていて大変そうでした。事情を知らなかった私は教頭に相談に行き、「だから、眠い時は眠らせてあげて」と言われ、1時間眠り続けて"Oh, Miss, I'm so sorry! I didn't realize I fell asleep!"と真っ赤な顔で謝っていた彼女を思い出します。頭のいい子でした。

今は永住権も取れ、大人びていますが、笑うと当時と同じ笑顔で安心しました。

もっとベーカリーに行こうと思います!
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

翻訳トライアル
だいぶ前に受けたトライアルの結果が届きました。何と、5段階評価で私のは1、最低の "Not understandable"(理解不能)でした。。。

どんな内容の翻訳だったかチェックしたら、日本語で何について書いてあるのか、全文を読んでも掴めず、何となく訳して出したものでした。日本語でもきちんと意味が分かっていなかったのですから、当然それを英語にしても「理解不能」なんですねぇ。

翻訳会社の人は「ただ、6割以上の方が1の評価となり、大変厳しい評価基準ではあると思われます」と優しいことばを掛けてくださいました。採用されるのは評価が4以上の人だけで、6割以上が1なら4以上なんてほとんどいなかったんだろうなとは思います。

まぁ、がっかりしましたが、終わったことを後悔しないのが私のモットーなので次!です。

実は、先週、納品した翻訳の校正の質について、初めてクレームが付いたので、現実をきちんと受け止め、校正者を募集する広告を出しました。夫や夫の母など、身近で済ませようと思っていたのが間違いかなと(笑)。

ところが!ですよ。何なんでしょう?ネイティブが考える翻訳校正のレベルってずーっと低いんでしょうか。スペルミスだの文法ミスだのを示す赤や緑の下線がいっぱいの履歴書を送って来た女性がいました!ある男性が校正してきたものは、夫がしたものとほぼ同じで、どちらがどちらなのか分からなくなるほど。つまり、彼も不合格です。(それなら夫にタダで校正してもらったほうがいいですもんねぇ。)

で、結局、若い人はみんなダメで、奥さんが議員をしているおじいさんを採用!彼とトライアルに挑戦です。ずり落ちそうになるメガネを引き上げながらがんばってくれてます。もう一人は夫の母。こちらも老眼鏡が必須。今、ワードのTrackingの使い方を指導中です。

あ、そうです!ウェブサイトが新しくなりました。www.bested.co.nzをチェックしてください!

間違いなどがありましたらお知らせいただけるとうれしいです。自分だけでは見落としてしまいそうなので、ご協力ください。


テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

夫の悲鳴。。。
ご存知のように、私の家の郵便受けはEcho Valley Roadの入り口に他のおうちのと並んであります。

毎朝、夫はそこまで自転車で行って新聞を取って来るのですが、今朝はなかなか戻って来ませんでした。でも、しばらくして戻って来たかと思ったら、何やら棒のようなものを持っているんですね。その「棒のようなもの」はスコップでした。

どうやら、郵便受けの近くまで行ったら、道路の横の側溝が詰まって水があふれていたらしいんです。それで、土砂や枯葉が詰まったのだろうと思い、スコップを持って掃除に行ったんですね。で、ちょっと掘ったら何かに当たったらしいんですよ。どうも見た感じ、布のようだったのですが、もうちょっと掘ったら犬。。。しかもお隣のアルビーが埋まっていたんだそうです。

恐ろしくなった夫はお隣のご主人を起こしてアルビーの遺体を掘り起こすのを手伝ったんだそうです。アルビーはゴールデンレトリーバでいつもウロウロしているのですが、車にはねられるような犬ではありませんし、ここに住んでいる人はみなアルビーのことを知っていますから「それはないだろう」ということになりました。

で、原因はご近所のピットブルらしいのです。ご主人も何度かそのピットブルがアルビーとけんかしているのを見たそうなんですね。まぁ、これだけならうちでも「そんなことはないだろう」と言うのですが、実は、うちの犬もそのピットブルに襲われ、ケガをしたんですよ。しかも、うちの敷地内で。夫が石を投げてけん制しましたが、獣医に見せるほどのケガだったんです。

だから、結果的にそのピットブルの飼い主の奥さんが安楽死を承諾したようです。

ピットブルは危険な犬で、「飼ってはいけない犬」となっているのですが、そういう犬を飼う人もまだいるんですね。飼い主は奥さんへの殺人未遂で刑務所に入れられてますからどうしようもないのでしょうけど、犬も飼い主も似たようなものなんでしょうね。

あー、でも、そんなものを掘り当てたくありません。。。
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート