FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



やっとつかんだ翻訳の仕事
ニュージーランドに来てから、ホントにずーっと在宅翻訳ができたらいいなとは思っていました。なので、考えられる限りのことはしてきたつもりです。でも、自信がなかったので、ずっと英日翻訳でした。トライアルも数箇所やってみましたが、どれもダメ。NZSTI(New Zealand Society of Translators and Interpreters)でも資格が認められずObserverとまり。

今回もそれほど期待はしていませんでした。特に、今回は日英翻訳でしたから。なのに!ナント、2箇所応募して2箇所からオファーが来たんです!信じられません!

英日翻訳に徹していた理由は英語が第二言語だからです。「IELTSのアカデミックで8なのになぜ?」と聞かれたこともあるのですが、それでも答えは「自信がないから」でした。日本語ならネイティブだし、と思ったのですが、よく考えたら、日本語のプロなんて私よりできる人が日本にはたくさんいます。英語だってネイティブにはかないません。でも、両方となったら?

私の英語だって、ESOL教師としてこっちのセカンダリースクールが認めてくれるぐらいだもの、それほど悪くないのかも?難聴だから通訳は無理だけど、書くんだったら?そんな単純な理由からでした。

最初の日英翻訳はこちらです。http://jpctrade.blogspot.com/

採用された理由は「分かりやすい英語だったから」だそう。セカンダリーで子供を相手にしていましたからね、分かりやすい英語には自信があります!それに、英語でこのページを見てくれる人が全員英語のネイティブとは限りませんもんね。こっちのカーディーラーも中近東の人が結構いますし。

う~ん、挑戦あるのみ!ですね。
スポンサーサイト



テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

日本に荷物を送る
ニュージーランド生活を終えて日本に帰られる時、かなり増えてしまった荷物をどうしたらいいかは悩みますね。

ニュージーランドから日本に荷物を送る方法はいくつかあるのですが、それぞれ長所と短所があります。

1)船便(別送品のみ)
ペリカンシーパック 100Kgまで 運賃$550.00 保険$30.00 合計$580.00
150Kgまで 運賃$750.00 保険$30.00 合計$780.00
所要日数40日 

2)航空便(別送品のみ・保険付き)
Japan Speed Pack 10Kgまで $200.00 2箱目から$105.00
20Kgまで $285.00 2箱目から$145.00
30Kgまで $325.00 2箱目から$185.00
*代理店まで行けばダンボールが無料でもらえる。
*別料金で自宅からのピックアップもしてくれる。
*帰国までの2ヶ月間は無料で荷物を保管してくれる。

3)航空便
ペリカンジェットパック 10Kgまで$240.00
20Kgまで$280.00
30Kgまで$340.00
40Kgまで$400.00
50Kgまで$460.00

4)郵便局からの航空便
International Courier Services - International Express 1-5 Working Days 10Kg$267.95
20Kg$370.83
International Economy Courier 2-6 Working Days 10Kg$181.09
20Kg$259.58
International Postal Services - International Air 3-10 Working Days 10Kg$162.93
20Kg$274.34
International Economy 10-25 Working Days 10Kg$138.49
20Kg$233.19

郵便局が別送品申告もしなくていいし、何もしなくても自宅まで配達してくれるので、一番便利と言えば便利ですが、20Kgまでしか送れないのと、何箱送っても1箱ずつ送料が計算されるのでたくさん送る場合は大変です。

例えば20Kgのものを5箱、100Kg分送るとすると、船便なら$580.00、Japan Speed Packなら$865.00、ペリカンジェットパックですと$920.00、郵便局のエコノミーですと$1165.95もかかる計算になってしまいます。荷物がたくさんある場合にはどう考えても歩いて持ち込むのは無理でしょうから、車で持って行くのなら代理店まで持って行った方が安くあがります。Japan Speed Packは別料金で取りに来てくれます。

連絡先は以下の通りです。
Japan Speed Pack: 0800-808-850 電話で一番近い代理店を教えてもらってください。(月~金)
日通の海外ペリカン便:NZ ワーキングホリデーセンター 09-377-9621、日本通運オークランド支店(エアポート近く)09-256-03401、クライストチャーチ NZワーキングホリデーセンター 03-377-4140、ウェリントン タマリロギフトショップ 04-473-6095(要予約) ウェリントンとクライストチャーチは遠隔地手数料として航空便に$10、船便に$30余分にかかります。

なるべく人に売ったりして荷物を軽くしてからにしましょう。ちなみに飛行機の超過料金は1Kgにつき$35.00です。10Kgで$350.00。。。これだけは避けたいですよね。

箱はじょうぶな段ボールなら何でもOKですが、詰めながら何を詰めたかを書き出して箱に貼っておくと後で申告書を書くのに便利ですよ。でないと全部荷物を開けて最初から作業のやり直しになりますのでご注意ください。
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート