FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



発音ってそんなに大事?
ワーホリのHさんがある日「私の英語、発音が悪いせいか通じないんですよね」と深刻な顔で言ってきました。彼女ばかりでなく、日本人は自分たちの英語の発音は世界一悪いと思っている人が多いんですよね。でも、果たしてそうなんでしょうか?

少なくとも私が経験した中では答えは「No」です。うちの夫みたいに「単に聞いてない」、知り合いのように「耳が遠い」、「周りがうるさい」、「その話題に興味がない」など、相手側にも非があることも少なくありません。

聞き慣れた人の英語は分かりやすいですよね。だったら、相手を日本人英語に慣らしてしまえばいいことです。発音を直そうと努力しても、私たちの英語に慣れていない人に会ったらまた通じません。ネイティブだって、夫の友人のGのようにみんなから"Speak English, G!"と言われ続けている人もいますし、アイリッシュも南アフリカ人も最初は分かりにくいですよ。みんなに通じる英語というのはネイティブでも難しい。だったら、お金をかけて発音の矯正をするよりはガンガンしゃべって相手を慣らしてしまえばいいのではないでしょうか?

それに、発音矯正って簡単なことではないんですよ。以前、極端にカタカナ英語だった留学生に発音矯正をしてもらったことがあります。先生はプロのスピーチセラピスト。でも、一つ一つ単語を発音させるとそんなにひどくないんですよね。1回で合格してしまう。でも、実際の会話になると文章を作る方に意識が集中してしまって発音にまで気を配れなくなるのか、逆戻り。そのセラピストに「ねぇ、この子はネイティブじゃないから、まずはきちんと英語の文章が作れるようになって、発音まで考えられる余裕が出てからの方がいいんじゃないかしら」と言われてしまい、数回で終わらせられてしまいました。

また、日本人が発音に飛びつく理由は「それが一番ラクそうだから」ではないかと密かに思っています。だって、文法とか語彙は覚えるのに相当の時間も努力も必要だけど、発音だけならと安易に考える人が多いでしょ。

でも、ですよ。言われたことが難し過ぎて分からなかったらどうします?少なくとも「書いてもらえば分かる」レベルに文法&語彙力が達していなかったら発音がよくても何もなりません。日本人なのに日本語を落としたS君は問題文が理解できずに答えがかけませんでした。文章の読解には発音は関係ありません。通じなかったら書けばいいけど、書けなかったら他の手段はありません。(これ、結構多いんですよ。数学も問題が理解できなくて解けないとか。日本人ばかりでなくネイティブの中にもこういう人はいます。

日本ではメディアに洗脳され、英語の発音にコンプレックスを持つ日本人が多いのは残念です。もっと自信を持って話せるように教育してくれればいいのにと思います。まぁ、昔から日本はまず自分はダメだと思わせてから学ばせるというやり方なので、自信を持つということがとても難しいのだと思います。私もいまだに自信がありません。

リスニングもHさんなんか「他の人が言っていることがよく分からないとマーガレットがやさしい英語で説明してくれます。そうすると分かるんですけど、私、リスニング、本当にダメなんです」って落ち込んでました。でも、それはリスニングがダメなんじゃなくて、語彙力や文法力がないから理解できないということですよ!聞き取っても意味が分からないのはリスニングを強化してもよくなりません。だって、マーガレットの英語は分かるんですよ。だから、英語が聞き取れないんじゃないんです。

ウダウダ言わずにまずは語彙力&文法力を身につける努力をしましょー!発音はそれからです。
スポンサーサイト



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

Hさんのワークパーミット(労働許可)申請!!!
Hさんが某カフェに勤めてもうすぐ3ヶ月。つまり、同じ雇用者の下で3ヶ月以上働けないことになっているワーホリなので辞めて別の仕事を探さなければならないということです。

このカフェのオーナーは地元でもいいウワサのない人でした。お客さんに怒鳴ったとか。でも、なぜ彼女が怒鳴らなければならなかったのか、その場にいなかった人には分からないはずなのに、彼女と面識がない人たちまで彼女を嫌っている状態でした。

でも、私は現役の教師です。人間は変わるものですし、ウワサなどよりも自分で彼女を判断したいと思いました。面接の時にNZに来た目的を聞かれ、「英語の習得のため」と話したら、「だったら普通、夜のシフトは6時からだけど、5時に来ればヒマだから他のスタッフとも話ができるから、5時に来て」と言われました。最低賃金でしたが、その分も払ってくれました。仕事が終わるとみんなで反省会のようなことをし、飲み物を飲みながら話をするそうです。Hさんは本当にかわいがってもらっていました。

ワーホリの規定のことを話したら「ワークパーミットを取ればいいじゃない?私がサポートするわ」と言ってくれたのもこの雇用主からでした。この話をHさんから聞いた時、正直、ウソか聞き間違えだと思いましたよ。世の中、ワークパーミットのサポートなどしてほしくてもしてもらえない人がたくさんいますし、彼女の英語力を考えたら絶対に無理じゃないかと思っていたのでこちらから頼みもしませんでした。

なので、彼女にイミグレに電話してもらった時もどうせ断られるのだろうと思っていたんです。それが、ワークパーミット申請について詳しく説明されるとは。。。

何度電話してもメールしても「連絡する」と言いながらも連絡してくれなかったこの雇用主がまさかその翌日には全部の書類を準備してくれるとも思っていませんでした。おかげで数日でイミグレに応募書類を送ることができました。

イミグレからは「受け付けました」との連絡があり、30日ほどで結果が出るようです。

Hさんは「ダメで元々。取れたらラッキー」ぐらいの気持ちでいます。申請料と私の手数料、コピー代などで$260かかってますが、「お金より、そこまでしてくれるキウィの知り合いができたことがうれしい」と彼女。地元でずっとやっているベテランがいたからとあまり期待していなかったグルーミングの仕事も毎週はあるし、英語の個人レッスンを続け、それでも時々ホームシックになりながらもがんばっているHさんを見ると、私も負けていられないと思ってしまいます。
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

最低賃金&ホリデーペイ
Hさんは私の知り合いが経営するカフェで皿洗いとして11月半ばから働くことになりました。でも、なかなか給料明細がもらえなくて、何度も請求して、やっともらえたと思ったら案の定、時給が最低賃金以下でした。この時、最低賃金は$11.25でHさんのは$10.50。途中からオーナーが代わり、この人も引き続きHさんを1時間$10.50で雇い始めました。

まぁ、この地域はビーチがメインなので冬の人口と夏の人口がガラッと変わるので、カフェなどは夏しか人を雇わないことも多く、毎年のように変わる最低賃金に対して雇用者の知識がないこともあるので一応、文書でお知らせしました。そしたら、新しいオーナーはすぐに払ってくれたのに前のオーナーはなかなか払ってくれません。

そのうち、ホリデーペイももらっていないことに気付き、夫に聞いたら「いつオーナーシップが代わったのかを聞いて、その日の前までのホリデーペイは前のオーナーが本当は消化してから新しいオーナーにバトンタッチするのが普通だよ」とのこと。再度文書にして両方に知らせたら、最初のオーナーから最低賃金との差額分とホリデーペイの分が小切手で私のところに届きました。

でも、新しいオーナーは経営も下手で、勤務時間も不規則になり、行っただけでヒマだからと返される日も出てきたので、Hさんには別のカフェを紹介しまし、ここを辞めることにしました。これは1月末のことでした。(ここまでは前の記事にも書きました。)

でも、待てど暮らせど新しいオーナーはホリデーペイを払ってくれません。仕方がないので4月に入ってすぐに行って話をしました。そしたら、何と、ホリデーペイは絶対に払わないと言うのです。理由は、Hさんを雇ったのは前のオーナーで自分たちではないからだそうで。

まぁねぇ~、この人たち、オークランドから来たばっかりだから、地元の人なら買わないような下火のカフェを買ったぐらいだから、私のことも「ちびっこいアジア人が何をしてる」ぐらいに思ってるんだね。だったら、こっちにも考えはある!ranting.gif


一応、前のオーナーに電話を入れ、いつオーナーシップが代わったのかを聞き、Department of Labourにメールをしてみました。そしたら、Labour Inspectorに申し込むように言われ、これまでの給料明細やこちらから送った手紙のコピー、勤務日や時間を記録したHさんのダイアリーのコピーなどをまとめて郵送。電話があり、担当が優しそうな女の人でホッとしました。今に見てろ~!!!

はぁ~。。。でも、この仕事って人の嫌な面を見てしまうんだね。。。そして、日本人側に付く私は地域の嫌われ者になっているんだろうな。。。会計士の夫や警察官のGだけは気持ちが分かってくれてるけど、辛いな。



テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート