FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



資格
ここのところ、語学教師(英語)の資格に悩まされているが、資格の種類もそうだが、それを持っているとどういうメリットがあるのか。。。

例えば、第二言語としての英語を教えるための資格には、Cambridge ESOL Certificate in English Language Teaching to Adults (CELTA)、Trinity College London Certificate in TESOL (CertTESOL)、Certificate in Teaching English as an Additional Language (CertTEAL)、Certificate in Home TutoringなどのCertificateレベルと、Cambridge ESOL Diploma in English Language Teaching to Adults (DELTA)、Trinity College London Licentiate Diploma in TESOL (LTCL DipTESOL)などがある。

どうやらCertificateというのは日本の専門学校などの教員養成講座を修了するともらえるようなもので、Diplomaは日本の大卒で教員養成課程も履修すると県などからもらえる教員免許状に値するようだ。

それと、最終学歴の問題。高卒、ポリテク卒に大卒、どこまで要求するかである。IELTSの試験官の募集要項には「Certificateのみはダメ」とある。幼児教育の資格を取って最終的に永住権を取るためにアカデミックIELTSの成績を6.5から7.5に伸ばしたいなどという高度なレベルには高卒&Certificateレベルでは対処できないだろう。

それで、何となく移民局で大卒と認められる日本の大学名をチェックした。四年制大学でなければダメというのは知っていたが、だれかが「有名大学しかダメだよ」と言っていたが、私は四年制ならどこでもいいと思っていた。でも、実際はかなり厳しく、日東専駒レベルさえ認められないのだ。

日本の学歴がそのように判断されているのであれば、ポリテク卒は該当しないことになるだろう。高卒で教員というのはやっぱり怪しい。

日本では420時間日本語教師の勉強をすれば日本語教育検定試験なるものが受けられ、それに受かれば日本語教師になれるという仕組みらしいが、こちらではその試験は重要視されず、専ら英語力である。

最近、「児童英語教師」という言葉をよく聞くし、そういうコースもある。「英語に自信のない方でも安心の日本人講師によるレッスン」って、ニュージーランドにまで来て受ける価値があるんだろうか?公的に認められている資格なのかな?

今日、午後に先生候補が面接に来る。初めてなのでこっちもドキドキだ。


スポンサーサイト



テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

花粉症!
先月、幼稚園の臨時をした時に「中と外、どっちがいい?」と聞かれ、中だと電話受けなきゃいけないからと午前中外にいたのが大間違い。花粉症で鼻水ずるずるになってしまった。「原因はキャベツツリーね」と他の先生方。途中で夫に抗ヒスタミンの錠剤を持って来てもらったけど、そうなる前に飲まないと効果ないのよね~。

で、今は目!かゆくてかゆくてどうしようもない!

先週の土曜日、小学校の先生たちと運営委員会のクリスマスパーティーがあって、広場でゲームをしてから食事だった。ゲームはこっちのテレビじゃ、大人気の『フィアファクター』を真似たもので、「そんなのやりたくない!」と言って応援に徹する予定ではいたが、応援すらできる状態じゃない!お気に入りの『ワイプ・ピザバーン』での食事会だったから行きたくてドアの前まで行ったけど、諦め。夫に家まで送ってもらって一人寂しく残りご飯を温めて。(子供達はお芝居公演2日目でじーさん&ばーさんに連れて行ってもらっていたのでホントに一人だった。)

教育省から留学生受け入れが認められ、うれしいはずだったのに~!

私は日本にいる頃から花粉症のケはあり、お化粧ができない日も多かった。でも、こっちに来て扁桃腺が腫れて抗生物質を年に何回も飲んだら効かなくなって、GPから耳鼻科の専門医に送られた。そこで、アレルギーテストをして、木に草、猫にダニの4種類のアレルギーだと言われ、三年間減感療法として片腕に2本ずつの注射に耐えた。

何とか掃除ができるようになったけど、花粉でいっぱいの時にはダメだ。猫のアレルギーは、慣れれば大丈夫だし、猫飼ってるし。でも花粉はダメ。

クリーン・グリーン・ニュージーランド。花粉症には最悪。。。『Matty式足ツボ10分解毒マッサージ』という本を買って毎晩ツボっている。早くよくならないかな~。
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート