FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



留守電の怪メッセージ
ぎゃ~、大失敗!

そもそも始まりは自宅の留守電に入っていた意味の分からないメッセージだった。「○○です。マニフォルドのことで電話しました。よろしかったら明日取りに行きますので連絡ください。電話番号は。。。」マニフォルドって何だろう?まぁ、いいや、夫か義父母宛のメッセージだろうから保存して。

あれ?もう1件保存してあるメッセージがある。人は違うのに「マニフォルド」のことで電話して来てる。マニフォルド。。。辞書で調べてみたけど、「多岐管、マニフォルド」とあるだけで日本語でも意味が分からない。

で、夫が戻って来た時に聞いてみた。どうやら、水曜日の夜に最初のメッセージがあって、夫も意味が分からなかったけど一応保存しておいたらしい。その後、別の人から電話があったのでよく聞いてみたら、トレードミーのオークションで車の部品(マニフォルド)を買ったらしかった。

トレードミーはうちの社長が車の中古部品を売ったり買ったりするのに頻繁に利用していて、その度に相手にメールを送ったり送金したりするのも私の仕事なのだ。そう言えば、だんなに電話させるから電話番号を教えてほしいっていうメールがあって、その返事に電話番号を書いて送ったな~。もしかしたら、会社の電話番号じゃなくて自分の電話番号を教えちゃったか?

ピンポ~ン!今日、会社に行って送ったメールを確認したら、「私の名前は○○(社長の名前!)です。電話番号は。。。」とうちの番号になっていました!

その後、その人から会社にまたメールがあって、偶然社長の義理の息子がチェックして住所などを連絡し、無事マニフォルドは彼らの手に渡ったそうで。今日、お詫びのメールを入れておいたけど冷や汗もんだった。

部品を注文する時とか、ホント、困る。辞書を見ても出ていない単語だったり、出ていても意味不明だったりするし、社長に書いてもらった方がスペル間違えるしな~。英語圏で日本人が秘書をするのは大変だよ。。。

スポンサーサイト



テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

新たないじめっ子が。。。
「マミ~、今日ね、ある男の子に『お前を見るとヘドが出る』って言われた。帰りのバスでも『お前が集会で表彰された時、オレ、吐きそうになった』って」。何それ!「そうか~、そいつ、あんたを見ただけで具合が悪くなるようだったら相当ヒドいから医者に診てもらった方がいいな」なんて返事したけど、内心、ムカムカ!

やっとお向かいのいじめっ子とは違うクラスになってかかわりもなくなり、しかもその父親に新しいガールフレンドができて、彼女は絶対に彼の両親の隣りに住みたくないから学校の近くに二人で土地を買い、もうすぐ移るというのに。

「その弟も悪ガキなの。妹たちはいい子なんだけど」って「何人兄弟なんだ?」「5人。その男の子はうちの学校の8年生のみんなより1歳上で13歳なの」。(6歳で学校に入ったんだろう。)「で、親は何してるの?」「知らな~い」。

夫によると、親は何もしていないらしい。最近、この近くの借家に引っ越して来て、俗にいう「ドール・ブラッジャー」、国家の寄生虫といわれる福祉の恩恵を受けて仕事もせずにブラブラしている人だ。

ここのところ、学校の評判がよくなって好ましくないファミリーも家賃の高いオークランドから移住してくるようになった。オークランドだったら政府支給の家もあるが、監視の目もあってなかなか失業状態を続けて行く事ができないから、田舎に移るというわけ。「5人も子供作って自分も含めてみんな他人の世話になっているような親だから、話をしてもムダだろう」と夫。

少子化は問題だけど、こういう家庭に育った子供は将来「親の跡を次いで」ドール・ブラッジャーになる確率が高い。女の子たちも早々と妊娠して福祉に頼るんだろう。あまり欲しくない人材なのだ。

しかし、うちの子も強くなったもんだ。泣かなかったらしい。「最年長のくせに年下をいじめるしか脳のないヤツに何か言われて泣くのは悔しいから」だって。もうすぐ12歳。「マミ~、貯金が$700超えたよ!もうすぐ$1000。日本に行く航空券が買えるよ」。。。でもね、12歳以上は大人料金になるから$1000じゃ行けないんだな~。先週、フラックスの花を作って市場に出したら一人$15になったのでうれしかったんだろう、今日もがんばっている。



テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

記者の仕事
昨日、『Australian Women's Weekly』の新刊が出ていたので買った。いつものように夫の顧客であるMさんの書いた記事が出ていた。彼女はヘラルドにも記事を載せているバリバリのジャーナリストだ。(何でこんなスゴイ人が夫の顧客なんだろう。。。)

彼女とはレベルが違うが、私も数ヶ月、オークランドの某日系出版社の外部記者をしていたことがある。記事1件が$20。でもね~、こんな田舎だとどこに行くのにもガソリン代が$20以上かかるんだよ。一番近そうなWellsfordまでだって往復64Km、IRD(国税局)の1Km@$0.62で計算するとマイレージだけで$39.68もかかることになる。それで、インタビューして写真撮って記事まで書くのだ。しかも、この地域に住んで長いし、夫の会計事務所の顧客がほとんどこの辺の人であることを考えると寄付しないわけにも行かず、半分の$10を寄付するから出費の方が大きくなって。

やっぱり日系の仕事はすべきではないと思った。日系は給料が安い!最低賃金すらくれないところもあるし、私のように逆にお金がかかることもある。

日本人だとだれもが日系企業にアプローチするが、これは大間違いだ。特にオークランドは需要より供給がはるかに上回っているしな~。何の努力もしなくても張り紙出すだけで人手が見つかりそうだもんね。

話変わるけど、こっちの雑誌も新聞もそうだけど、記事を書いた人の名前が出るよね。日本の週刊誌などでは一般の記者の名前は出ない。なぜだろう?
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

求む!一日だけの日本人アシスタント!
今、新しいページをウェブサイトに加えるための準備中なんだけど、昨日、その素材用写真を撮りに行ったらぜ~んぶブレてた。両手が手根管症候群になってから一年になるが、手を使う仕事はまだまともにできない。

それで、悩みに悩んだ結果、ダメでもともと、ここで募集してみることにした。だれか見てるかも知れないもんね。

1)勤務地:ファンガレイ(市内または近郊なら車で送迎。)
2)勤務日:火曜日または木曜日(何日でも結構)の午前10時~2時頃までの数時間。
3)仕事内容:写真の撮影
4)年齢、性別、学歴、職歴、英語力問わず。ファンガレイの知識が多少あって普通に写真が撮れる方。

当方も貧乏なので報酬は日本食レストランでのランチと打ち合わせ時のコーヒー代と交換ということで。ガソリン代、カメラはもちろん当方が持ちます。

連絡は電話(09)431-4940またはメールinfo@bested.co.nzで勝枝まで。お待ちしてます。


テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

ホームステイを変えた方がいい時
ニュージーランドでは、ホームステイは、18歳以上の居住者はみな警察による無犯罪証明の取得しなければならないことを始めとして、一定の基準を満たした家庭しかなれないことになっている。留学生を受け入れる学校(または学校が指定するホームステイエージェント)はホストファミリー宅を訪問し、周囲の環境も含めて細かくチェックする。だから、ほとんどの家庭は安心して留学生が滞在できるところだ。

しかも、知らない人達と一緒に住むのだから、ある程度の我慢はお互いに必要である。自宅にいたって親兄弟とケンカをしたり、多少のストレスはある。でも、それでもホストファミリーを変えた方がいい場合も出てくる。

1)ものが盗まれる時:日本人はキウィには珍しいものや高価なものをたくさん持っているので盗みに遭うことがあるが、それがホストファミリー宅で起きることがある。ホストファミリーに話して家の人達に注意してもらうのが筋だが、その後も盗まれ続けたり、親が子供をかばうあまりあなたがウソをついているんじゃないかと逆に疑ったりする場合にはホストファミリーは変えた方がいい。お互いに信頼できないのはいいことではない。

食べ物も同様。本来は寝室で食べ物を食べないことになっているが、日本から送られて来るお菓子などは日本人にすれば貴重品だからこっそり一人で食べたいわけだ。しかも、「食べたいのかな~?」なんて気を優しくして少しあげたら「まずい!」と一口かじっただけでその貴重品がゴミ箱行きになる。だから、二度とあげるものか、となる。しかしながら、あなたの留守中に子供が黙ってあなたの部屋に入って食べるのは約束違反なので、注意しても直らない場合には別のホストに変えてもらおう。

2)けんかや暴力が絶えない時:どんなに善良な夫婦でも親子でも口論になったりすることはあるし、私達がホストファミリーを訪問してもそういうところまでは見えない。口論だけでなく暴力になったり、口論も毎日身の安全が心配になるようだと普通ではない。

3)食事の内容が普通じゃない時:一週間のメニューが日毎に同じだったり、魚を食べなかったりというのはその家庭のやり方もあるのでホストファミリーを変える理由にはならないが、自分の食事だけが他のファミリーのメンバーと違ってパイだけだったり、それが毎日だったりというのはおかしい。食事の質の内容もだれが見てもあなたのだけ悪い場合にはエージェントに相談してみよう。

4)ホストファミリーが任務を果たさない時:これは、最近あったことなのだが、ある留学生のホストファミリーが赤ちゃんがいることを理由にその学生をスポーツの試合に連れて行ってくれないと言う。その留学生によると「とてもいい人達」だから試合ぐらい出れなくても。。。と。
しかし、彼女の試合は1ヶ月に一度あればいい方で、場所は車で片道20分もあれば行けるところ。そこまで行けないくせに、赤ちゃん連れてオーストラリアまで行く!
私も二人の子持ちだから言うけど、バレエのレッスンだのネットボールの練習&試合と毎日のように親は車で送迎しなければならない。そんなのは学校に通う子供がいたら当然のことで、自分でできなければだれかに頼むのもホストファミリーの仕事である。その留学生はホストファミリーを変えた方がニュージーランド生活をもっと楽しむことができると考えられるので、変えてもらえない場合には教育省に訴える。

5)自分だけがこき使われる時:家族の一員として住まわせてもらうのだから、ある程度の手伝いはすべきだが、あなたの留学目的は勉強とニュージーランドでの生活を楽しむことであってホストファミリーの奴隷として働くことではない。例えば食器を洗ったり乾かすなど普通にホストブラザーやシスターがしているような簡単な手伝いはあなたもしなければならない。でも、家族全員分の洗濯がいつもあなたの仕事だとか、ホストブラザーやシスターが何もせずにブラブラしているのにあなただけが毎晩食器を洗わされるなどというのはちょっと違う。

単なるワガママでホストファミリーを容易に変えるべきではないことはだれでも知っているから、ある程度は我慢する。確かに、学校やエージェント側からすれば、面倒な過程を経て認可されたホストファミリーに辞めてほしくないのはあるが、実際に一緒に住んだ人にしか分からない部分もある。悪質なホストファミリーを排除するのも大切なことなので何かあったら学校またはエージェントに相談しよう。
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

業務提携
今、どうやったら一番安く効果的に宣伝ができるのかを検討中だ。

ご存知のように私はただの子持ちの主婦だ。体力と気力、体重と皮下脂肪、教員経験と周辺の知識は豊富だが、資金がない!ニュージーランドは利子が高いので、お金を借りずに何とかならないものかと。夫も公認会計士という仕事柄、会社経営に関する知識は豊富だけど、お金を持っているのか彼ではなく顧客だしな~。

この周辺にいる日本人留学生はほとんどがブラウンズベイにある某語学学校兼留学エージェントの学生だが、その学生はみな日本のある大手留学斡旋会社から送られて来ている。つまり、業務提携だ。

日本の留学エージェントはこちらのエージェントと提携するか、支社を持っているかのどちらかだ。私のような新入りが簡単に割り込める世界ではなさそうな感じ。

うちのウリは、都市ではなく田舎であり、日本人がいても各学校に数人というレベルなので英語力がつくこと、ノースランド初の日本人エージェントであるという点だ。だから、これまで、「遠くて規程に定められているような世話ができない」というのを理由にノースランドに生徒を送れなかったニュージーランド国内のエージェントとの提携も可能だろう。(行く行くは「ノースランドへの留学希望者がいたら私が面倒をみるから、そちらへの転校希望者がいたらあなたが面倒をみてください」みたいなつながりができるといいなと思う。)

ということで、www.ryuugakusei.com/cm2bbs/index.htmlの商用掲示板にも書き込んでみた。反応があるといいな~。
テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

Tomarataプレイセンター10周年!
わんちゃん


私の娘たちが通っていたプレイセンターが10周年を迎えた。長女が後一週間で12歳になる。あー、そんなに時が過ぎたのかという感じ。

プレイセンターには、当時夫が勤めていた会社の上司の妹が私達の近くにすんでいて、彼女がある日うちの突然やって来て誘われて行ったのが最初。周囲にアジア人などいない頃で、センター側も私をどう扱っていいか分からなかったようだけど、みんなと同じように最初のコースを終えて2年間経理までやった。(ニュージーランドに移って来て2年目のガイジンに経理を任せるなんて度胸のあるセンターだ。)

プレイセンターの建物を建て、内装を父兄がしてオープンさせるまでの資金集めは大変だったが、そういう時期を経験している。

プレイセンターはキンディー(幼稚園)とは違って親が当番制で子供の面倒を見る幼児教育施設だ。赤ちゃんから小学校入学直前までの子供を扱う。同時に親の幼児教育施設でもあり、そのレベルによってポイントが決められ、その合計がいつも同じになるように計算されて当番が決められる。

例えば、Tomarataプレイセンターでは、救命トレーニングを含めた最初のレベルは皆が受けなければならないが、それ以上は任意だった。そのレベルを受けないと当番ができないので、毎日子供と通うことになる。

その分、料金はキンディーとは比べ物にならないほど安いが、きちんと政府で認定されているし、補助金も出る。

この地域は時と場合によって所属エリアが変わる不便なところだ。例えば、Mangawhaiはファンガレイ・ディストリクトではなくカイパラに属するが、ネットボールはグレートオークランドの一部のロドニーだ。Tomarataプレイセンターはファンガレイではなく、ノースショアに属していたので、月1の経理のミーティングは行くだけで大変だった。

次女は4歳になった時に今の小学校に近いキンディーに移った。キンディーには先生がいるし、親の当番は月に一回あればいい方というぐらいラクだったけど、子供と一緒に成長できるプレイセンターも捨てられない。

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

すし in New Zealand
先日、ウェルスフォードのロングジョンシルバーのフィッシュ&チップスのお店に「Sushi」ののぼりを発見、昨日、早速試してみた。日本人が作った寿司でないことは見ただけで分かった。

ここのところ、韓国人の増加で韓国人経営の寿司屋・日本食レストランが増えている。日本人もイタリア料理レストランを開いたりするから、日本料理屋が日本人経営でなくてもいいんだろうし、おかげで自分で作らなくても寿司が食べられる機会が増えたのはうれしい。

けど、何か違うのよね。

まず、韓国人の作る寿司は芸術的だ。薄く細く切られた様々なものが入っている巻き寿司は幅1cmぐらいしかないほど薄~く切られている。生の魚はまぐろではなく鮭またはスモークサーモンが一般的だが、これも生かスモークしてあるのか分からないほど薄く小さくスライスされている。う~ん。。。

私的には絶対に許せない素材もある。アボカドと生のピーマンだ。アボカドは「カリフォルニア・ロール」としてアメリカでも人気だから仕方ないかなとは思うけど、何で生のピーマン?まぁ、選べる時にはいいけどね。

そして極め付けはしょう油!何で中国しょう油と日本のしょう油の味の違いが分からないのか!うちの夫もそうだけど、キウィにはどっちもしょう油、味は同じなのだ。マンガファイで土曜日だけ巻き寿司を売っているデリのセツコさんも「前はキッコーマン使っていたけどね。キウィにはしょう油なら何でもいいみたいだから」って言っていた。

セツコさんのところは作ってお店に並べてから1~2時間で完売してしまうので常温で保存してくれているけど、普通はこれでもかというほど冷たい。冷たくても食べられるのが寿司のいいところだけど、あんまり冷たいのも困りものだ。チェーン店だと作っているところと売っているところが別だったりするから仕方ないのかな~。

オレワにもある某韓国系日本食屋で夫が注文したカツ丼にはサンドイッチ用ハムよりも薄いのではないかと思われるようなカツが載っていた。ファンガレイの支店では鉄火丼だと思って注文したら、全く違った「サシミ丼」なるものがあった。(これは後に日本の女性誌で韓国料理として紹介されていた。)

こちらではあまり知名度のない韓国料理を作るより日本料理の方が成功はするだろうけどね。特にニュージーランドの田舎では。それに、日本人経営の寿司屋はいつも開いているわけじゃなかったり、少し高いからな~。

そうそう、韓国人とは全然関係ないけど、キウィって、ピーマンばかりでなくマッシュルームも生で食べるのよね。生の魚はゲーって言うのに。マッシュルームの生クリームソースなんて生ツバもんだけど、生はゴメンだな。ニンジンもね、細く切ってサラダにというのなら食べるけど、丸ごとはちょっと。切るの、面倒なのかな。きゅうりのスライスなんて分厚いもんね。

sushi

(今まで見た中で一番薄い寿司!ロール半分ぐらいで$8.00近い!)

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

うちのおちゃめな社長!
今日は一日中雨で寒い。こういう日は暖房のあるオフィスで働いている喜びを感じる。しかも鉄工所の中でただ一人ぬくぬくしているのは私。

私のボスは60を超えたじーさんだ。現役のレーシングドライバーでもある。18歳の息子がコモンウェルスのボクシング選手に殴られた時にはテレビに出て訴えたことは前に書いた。

「へっへっへ!ゆうべEメール送ったぞ!」と、今朝は意気揚々としていた。最近、イギリスのある会社のニュージーランド代理店になったので、注文をメールでしようと考え、私が教えた通りに書いたらしいのだが、どこかを触ってしまって全部消えちゃったんだって。「20分もかかったのに」って、知らないよ!

しかも、夜中の11時にわざわざ会社まで出て来て書いたって言うのよ。何で?って聞いたら、「イギリスにメールしたんだよ。12時間の時差があるじゃないか」だって。息子に「バカじゃないの?メールって、好きな時に読んだり書いたりできるから便利なんじゃないか!電話と違うんだから、わざわざ時差考えて眠いのに起きてなくてもいいんだよ」。。。

もう、大笑いよ。

でも、楽しかったのはここまでだった。社長が仕事に戻ってすぐ、ある客が来た。社長を探すなり、私の目の前で大声で怒鳴り合いが始まったのだ。「オレたちだけで話し合っても仕方がない!当人を呼んで来い!」と、倉庫の借人も来て怒鳴り合いの続き。

私は机に座ったまま、大柄の男3人を目の前にしてヒジョーに恐ろしかった。いつかだれかが殴り出すんじゃないかとハラハラ。いつでも警察に連絡できるように電話器を確保して。

問題は、新しく倉庫を借りてビジネスを始めたケビンが大家であるうちの社長に話もなく電気工事を頼み、その請求書がうちの会社宛に来た。総額は$1000を超え、考えてみたらこれは自分の責任ですべきことではなく、大家がしなければならないことだから自分は一銭も払わないと言うのだ。そしてもう一人はその工事をして支払いを待ち切れずに押しかけてきた電気屋だった。

確かに、ケビンと電気屋が言うように、壁の中の電気工事は大家の責任だろう。でも、だったら大家であるうちの社長が相談を受けてから数件の見積もりを取って工事をしてもらうのが筋だ。いくら大家の責任だからと言って、一言もなく工事されて「さぁ、払ってくれ」と言われてもそれは無理というもの。

うちの社長はこの請求書が来てから、「仕方ないな、半分は払ってやろう」とは言っていたのだ。でも、電気屋は「今日、全額払ってもらわないと帰らない」、ケビンは「オレには払えないし、払うつもりもない」、社長は「半額なら払う」の堂々巡り。

最終的に社長は全額払った。「ただし、お前には2年しか倉庫は貸さない」。「オレはここでずっといい借人としてビジネスをしていくつもりだった。出たくない」と言いながらケビンは出て行った。その後、ケビンの前では「なんでケビンを追い出さなきゃならないんだ?」と言っていた電気屋も全額分の小切手をもらったら満足したのか握手しようと社長に手を差し出したが、社長はもちろん握手なんかしなかった。

ビジネスやるのって大変なんだな~と思った。

夫にこの話をしたら、夫も恐ろしい思いをしたらしい。新しい顧客に挨拶に行って10分ぐらい過ぎたら黒いスーツを着た税務局の人達が来たんだって。何でも、その顧客の名義で本人の知らないうちに前の会計士がかなりの税金のごまかしをしていたとか。夫が疑われることはなかったが、「黒服の団体を見ただけでビビった」と言っていた。

夫婦そろって気が小さいんだな~。
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

日本語の表記
今、オークランドの某出版社に広告のデザインを依頼しているが、そこでよく分からないことを言われた。

例文:2週間以上の留学も受け付けています。(小学4年生以下のお子様の当プログラム以外での留学は保護者の同伴・同居が前提になります)

これを(小学4年生以下~前提になります。)とカッコを閉じる前に句点「。」を付けてほしいと頼んだら、カッコ内に句点を入れるのは表現上おかしいので、句点をつけるのであればカッコの後ろになるとの返事だった。

私もこれでも日本語教師だったから、文句を言う前に調べてみた。手元にある京都書房の『新修国語総覧』には、カッコの中でも文の終止には句点を用いて、題目・標語などの簡単な語句を掲げる場合にはカッコの中には句点を用いないとある。

担当者の説明によると「弊社は出版社ですので、表記の仕方は専門の統一表記を採用させていただいておりますので、日本語の教科書とは若干異なる点がございます。この統一表記に関しましても、各社によって表記方法が異なっております」とのことだった。

高校で習った国語の文法とは違う「統一表記」という存在はシロウトの私には初耳だった。

同出版社の雑誌を見直してみると、なるほど、カッコの中に句点がついている例はない。カッコの外についているか、全くついていないかのどちらかだ。例:「楽しかったよ」。/ 「楽しかったよ」と言った。

で、気が付いた。多分、これは彼女の説明不足だ。私の例文だと、「2週間以上の留学も受け付けています。(小学4年生以下のお子様の当プログラム以外での留学は保護者の同伴・同居が前提になります)。」とカッコの後ろに句点をつけるとおかしいが、最初の文の句点を取って「2週間以上の留学も受け付けています(小学4年生以下のお子様の当プログラム以外での留学は保護者の同伴・同居が前提になります)。」としたらおかしくはない。

ちなみに『女性セブン』ではカッコの中にも後ろにも句点はついていない。

日本語って難しいんだねぇ~。





テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

ニュージーランドの子供服
オーストラリアのジャーメイン何とかという女性活動家が「この国では親は子供をブリットニー・スピアーズのような格好をさせて幼児偏愛者の衝動をあおるしかないのか」と言ったが、ニュージーランドも似たようなものだ。

うちも女の子が二人いる。ここのところ、ずっとフツーのTシャツを探しているのだが見つからない。どれもお腹が出るようなデザインで、寒い冬には実用的ではない。ジャーメインによると「まともで実用的な子供服を作っているのはフランス」だそうだ。

でも、妙な英語が書いてあることを除けば日本も悪くない。今は昔より多くの人が英語を話すはずなのに、Tシャツに書いてある英語(又は単に日本語がローマ字で書いてあったりする)を見ると子供に着せるのが恥ずかしくなる。

だったら書いてあるものを読むなと言っても無理だ。変な漢字が書いてあったら日本人ならやっぱり見てしまうように、キウィはTシャツに何が書いてあるのかが気になるのだ。普通は何らかのメッセージを含むからだろう。

ミキハウス(Mikihouse)はミッキーマウス(Micky Mouse)と似ていて名前だけ見ると「パクリ」と思われるようだが質はいい。こっちで売っているものと比べたら数倍は長持ちする。なんでこの名前なんだろう。。。夫は「Naf-Naf」と書いてあるトレーナーを見て「オレだったら、絶対こんなの着ない!」と言っていたが、Naf-Nafってキウィにはどういうイメージなんだろう。特に意味はないようだけど。

先日、長女がナイキのTシャツを買ったら「ナイキジャパン」と書いてあった。お腹がきちんと隠れるやつだ。

こっちでは子供服はみんな似たようなところで買うから、だれかとペアになる確率が高い。しかもほとんどが中国製だ。日本の製品は中国製でもきちんと検査を通っているからまともだけど、こっちのは質が悪い。セールで足指付きソックスを買ったんだけど、一回履いて洗濯したら二回目にビリッとかかとに大きな穴が開いた。

ニュージーランドは南半球で、ファッション誌はほとんど北半球から来るから季節が逆。なのに若い人たちは季節を無視してその流行を追おうとするから寒そうだよ。でも、体が冷えるとかはあまり問題になっていないみたい。大丈夫なのかな。。。
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

ニュージーランドでコンピューターを使う!
私のコンピューターは日本の義弟が結婚祝いのお返しに買ってくれたものだ。妹一家プラス母がニュージーランドに来た時に6~7万円の格安のを買ったのはいいけど送料に4万円以上かかったとかで高上がりなお返しになったのだが、彼がいろいろと設定して行ってくれたおかげで、7年以上活躍している。ちなみにWindows 98である。

だから、今の会社に勤めるまで、英語版のコンピューターを使う機会は少なかった。教員時代には何かを調べたり、成績表を記入するぐらいしか使っていなかった。ヒマな時に自分のウェブサイトをチェックしたりできたらいいな~とは思っていたが、CDがないと日本語を読んだり書いたりできないと思っていたし。

で、先週、ヒジョーにヒマだったのでAVGのテスト結果というのを見てみた。ゲー、ウイルスがいっぱい捕まってるじゃないか!20個もある。しかも、インターネットで従業員の給料を払う時にクリックする度に同じポップアップ広告が出て来るようになって頭に来ていた。で、夫の顧客が$60で全部クリーニングしてくれるというので頼んでみた。

でもさ~、ウイルスは次々捕まってるのよね。ポップアップは出なくなったけど。

いろいろ見ているうちに、そう言えば、夫のレーザープリンタを使う時にCDが使えなくてCanonのウェブサイトからソフトをダウンロードしたのを思い出して、日本語もダウンロードできるかなとマイクロソフトのウェブサイトを見てみた。日本語IMEというのをダウンロードしたら日本語の読み書きができるようになった。

それで、Vetorの無料ソフトをダウンロードしてみたんだけど、文字化けしてインストールできなかったのよね。エスクロスの紳さんに聞いたら「英語版のWindows Meは日本語は文字化けする」との返事。まぁ、ここまで進歩しただけでもいいや。

今回のクリーニングをしてくれたおやじはインターネットカフェもやっていて、「どうやっても日本語にはならない」と言っていた。私が教えていた学校では問題なく授業で使えたのになぜ?と思ったが、これで解決したので教えてやった。こっちにはキーボードを日本語のキーボードにすれば日本語の読み書きができると言い張ってた人も数人いるし。エキスパートといってもそこまでは知らない人ばかり。中国人のおじさんに頼めばよかったかも。

でも、これはすごい進歩だ。会社にはブロードバンドがあるのでインターネットはヒマな時間にするようにするとかなり時間が節約できる。


テーマ:情報 - ジャンル:コンピュータ [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

やっぱり。。。
あ~、保険会社からずっと連絡なかったから、$300、あの嫌~な女に払わなくても済むのかなと思っていたのに、昨日、私の留守中に保険会社から請求の電話があったって。世の中には理不尽なこともある。ここは諦めて払うしかないや。今度は絶対にだれがクラクション鳴らしたって動くもんか!(こうやって人間は意地悪で偏屈になっていくのかな?)

それにさ~、子供達が学校の休みだから、いいことしてやろうと思って、お友達2人連れて映画を観せに行ったんだけど、平日だということを忘れて駐車料金払わなかったら罰金$40!3時間ぐらい停めていたかな~。でも、紙には9時47分って書いてあって、危うく2回目の罰金が科せられるところだったからまぁ、これは仕方がない。素直に認めて早速小切手を送った。

外は寒いし、ここで何か気持ちが明るくなることがないかと思っていたら、おもしろいものを見つけた。題名:50歳を過ぎたら。

1.誘拐犯があなたにほとんど興味を示すことはない。
2.人質になっても最初に解放される確率が高い。
3.火事になってもだれもあなたが火の中に駆け込むことを期待しない。
4.午前9時に電話をしてくる人に「起こしちゃった?」と聞かれる。
5.夕ご飯は午後4時でも早くはない。
6.他人の手術の話を聞くのは楽しい。
7.年金制度の話題になると議論が熱くなる。
8.パーティーを開いても隣人は気付かない。
9.だれが部屋に入って来ようともハラを引っ込めなくなる。
10. デパートなどで流れる音楽にのって歌う。
11. 万一病気になったために掛けておいた保険の元がとれ始める。
12. あなたの関節の方が天気予報より正確だ。
13. 秘密がバレる心配はない。友人の記憶も怪しい

ニュージーランド人はこういうリストが好きだね~。


テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

ニュージーランド人との結婚生活
ニュージーランド人と一括りにできないだろうけど、夫と結婚してみて、イラつく習慣があることに気付いた。しかも、周囲の日本人妻たちはみな同じことを言うので、ニュージーランドでは一般的なことなのかも知れないけど。

まず、牛乳や生クリーム、バターまで何でも冷凍すること。まぁ、これは今の私のように田舎暮らしをしている人には不可欠なので今は許せる。店がないわけじゃないけど、何でも高いのだ。同じ牛乳がファンガレイのPak'n'Saveでは$2.70でここでは$3.10、パンは$1.40のが$2.50もする。そうそう、先日ガソリン入れたら、普通$60前後で満タンになるのがここじゃ$81.00だった。だから、買い物は2週間に一回にして全部冷凍じゃ!

それで、その牛乳を解凍する時、うちの義父母も夫も台所のシンク内に入れるのだ。夫には止めてもらったけど、義父母のところは今もそうだ。

こっちの人(というよりイギリスおよびその元植民地の人)の食器の洗い方は前にも書いた。シンクに栓をし、温水を溜めて洗剤を入れ、洗ったらすすがずに手ぬぐいのようなもので拭くだけ。「油まで落ちるように熱湯で洗うのよ」はいいけど、水を替えるわけじゃないからいつかは冷たくなるわけよ。その水は冗談にもきれいとは思えない。

そこに、台所用のスポンジを突っ込んでジャブジャブやってそれでテーブルとかも拭くんだよ。これは一般家庭ばかりでなくて食品を扱う場所でもそうだから、衛生的じゃないと思うんだけどな~。食中毒をなくすには手を洗いましょ~なんて言ってるけど、これが食中毒の原因になるかも知れないなどとはだれも思わないのだろうか?

あと、日本でいう応接セットのテーブル、こっちではコーヒーテーブルと言うんだけどどう見ても足置き場だ。靴を履いたままで足を乗せるヤツもいる。靴ね~、何でゲタ箱がないんだろう。。。あっちこっちに散らばって邪魔で仕方がない!まぁ、玄関がないからだろうけどね。どっから入るのか迷うような家ばかりだもんね。

夫婦ケンカになると、私は黙るタイプだが、夫は泣くまで責めるタイプ。「泣いても何の解決にもならない!」と子供たちにも言ってるけど、泣いてすっきりすることもあると思うんだよね。気持ちが高ぶっている時にはうまく話せないもんだし。しかも、自分からは絶対謝らない。時は過ぎて私が落ち着くのを待っているだけ。ずるいんだ。

全然話変わるけど、丸ごとの鶏を調理するのは嫌だね。一度だけ頭は落としてあったけど首がついていたものを買ったことがあって、背筋がゾッとした。今も袋を開けるのがコワい。羽根だってきれいに取ってないし。ローストチキンはおいしいけど、主婦はツラい。

私の習慣にも不可解なものがあるんだろうね。



テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

サイテーの美容師
今日はとんでもなくローカルな話題なのだが、美容院について。

マンガファイでは5~6年前は$20あればカットをしてもらえたが、徐々に高くなって来て、今はオークランド価格になっている。まぁ、家賃が高くなっているのもあるだろうけど、何でカットだけで$50もかかるのか!しかも指名料金なんて取るようになったし。毎日同じ美容師がいるわけじゃないのにだよ。

以前、契約で月曜日だけそこで働いていた美容師にぼったくられ、経営者とはずっと知り合いだったので文句を言ってお金を返してもらったことがあったし、経済的に余裕がなくなったこともあって、ここのところはマンガファイ・ヘア・カンパニーからすっかり足が遠くなっていた。

だが、先日、普通はカットの時にはお金がもったいないから洗髪はしてもらわないんだけど、手首が痛くて満足に髪が洗えなかったので洗髪もしてもらうことにした。それまで担当してもらったことがない美容師だったけど、セニアだから大丈夫だろうと思ったが。。。シャンプーを髪全体に塗ったかと思ったら洗い流した。アレ?まぁ、いいか、2回目はきちんと洗ってくれるんだろうと思ったら、2回目もシャンプーは塗っただけだった!それで当たり前に料金取られたから頭に来た!

日本だったら、どこの美容室だって丁寧に洗ってもらえた。こっちなんて、洗髪台はほぼ直立で首からシャツの中にす~っと水が入ってくるし、顔にハンカチかけてくれるわけじゃないから顔まで泡が飛んで来る。だから、わざわざお金かけてシャンプーしてもらってもありがたくないのよ。

まぁ、彼女のようなシャンプーとも言えないようなシャンプーはこっちでも初めてだったけどね。前は友達がそこで美容師だったから通っていたけど、今は辞めちゃったし、その後贔屓にしていた美容師も自分の店を出したから特にそこでなければという理由もないから、今回はクレームつけずに消えてしまうことにした。
テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

資金集め、大嫌い!
ニュージーランドでは、子供がいると、しょっちゅう学校や習い事関係の資金集めがある。私はこれは資金集めの名を借りた特定の親からの搾取行為だと思っている。

例えば、娘達の通うマンガファイビーチスクールはDecile値が7と高いので、政府からの補助金も少なく、それを埋め合わせるためにかなりの資金厚め活動をしなければならない。プールだの図書館だのと言った、通常は補助金で賄われるべき所まで自分たちで何とかして資金を調達して建てなければならないのだ。

一番嫌なやり方だと思うのが、何らかのチケットを各自何枚と持ち帰らされるやつだ。うちは二人通っているので枚数が倍のうえ、周りの子供がみんな持っているのでどこにも売ることができず、最終的には自分たちで買うしかなくなる。売れなかった分は返してもいいとは言うけど、ほとんどの親はそこまでずうずうしくない。

今回のネットボールの資金集めはディスコのチケット2枚。2枚だよ!親に買えって言ってるのも同じじゃないよ!まぁ、いいや、たまに外に出るのもいいかと二人で出かけた。

ところが、信じられないものを見てしまった。彼女はパプアニューギニアから来た移民ながら学校のヘルパーをしたり、ネットボールでもコーチをしたりしてかなり地域に貢献している素晴らしい人だ。最近、だんなと別れたという話で、先日、ガス欠になったところを夫が助けたのにガソリン代$20をまだ返してもらっていない辺りから怪しくはなっていた。でも、今回は主催者の一人で、何も知らずにパブに来た客からまで入場料を取っていたのだ。

その彼女が、私と話をしているうちに私の夫に盾になるように頼み、ナンと、バッグから赤ワインの入った袋を取出してグラスに注いだのだ。こっちでよく売ってる箱入りのワインの中身だ。「最初に友達みんなで一番安いワインをボトルで買うと人数分グラスくれるじゃない?あとはコレよ」。。。

確かにうちらも外で飲むのは高いなと思っていたけど、まさかここまでする人がいるとは。開いた口がふさがらないとはこの事!サイテー!パブ側は売上の何パーセントかをネットボールクラブに寄付するのによ。他の時ならまだしも。。。

道理で彼女の友達はみんな、ディスコなのに大きなバッグを持って来ていたわけだ。セコ過ぎ!






テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

マオリの双子の死
マオリの双子の赤ちゃんが虐待によって殺され数週間になる。

母親は28歳、父親は21歳。二人の政府から支給された家には彼の父親を始め、姉妹やその交際相手などを含め、12人が住んでいたが、働ける年齢層の9人のうち一人しか仕事を持っていなかった。他は全員が福祉の世話になり、週に2回はパーティーをしていて、警察が長老に話に行った時には昼間からベロンベロンに酔っていて話にならなかったらしい。

しかも、この一族が警察には協力しないことを決め、マオリ議員を始めとする人達からも非難を受けている。

「幼児の虐待はマオリだけに起こるとは限らないからこれはマオリだけの問題ではない」と言う人もいるが、虐待などで殺されたマオリの子供の数は他の民族とは比べ物にならないほど多いのだ。

日本人とマオリ人は文化的にもよく似ている。昔は日本も父親が母親に暴力をふるうこともあったし、私の叔母たちも配偶者に殴られていた。姑小姑皆一緒に住み、家庭内でのいじめもあった。違うのは日本では福祉からの手当てだけで何世代も生活している人などいないところだ。(政府からお金をもらうのはとても恥ずかしいことだという考えもあるし。)

この夫婦の親も政府支給の家に住み、仕事はしたことがない。仕事がないのかというとそうではないらしい。その周辺の職業斡旋業者によると、徒歩で行ける距離にあるところに求人ができ、しかもマオリ5人を雇うと広告を出したがだれ一人見学にすら来なかったらしい。週に2回、失業手当の支給日にお金をもらって酒が飲めるのなら何も無理して働く必要はないのだ。彼らを支えている私のような納税者は毎晩ビール一缶すら贅沢品なのにだ。

それで、マオリ議員が福祉の手当てをコントロールすると言い出した。家賃は家主に直接支払われ、電話料金は電話局に支払い、食費も記録をつけて親が子供に食べさせる前に酒やタバコなどの贅沢品を買わないようにすると。そこまでするのは人権を尊重していないと言う人もいるが、子供たちの人権を守るためにはそうするのが一番なのかも知れない。そうでもしなければ、子供達も将来は親同様、仕事もせずに毎週手当てを待つことになるだろう。

双子を殺したのはだれなんだろう。。。






テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート