FC2ブログ
Best Ed Northland Ltd
ニュージーランドのノースランドを中心に活動している留学サポートセンターのブログです。
    banner.jpg
オフィシャルサイト



プロフィール

たら

Author:たら
ニュージーランドに住んで15年。福島県
双葉郡富岡町出身。県立双葉高等学校
から獨協大学外国語学部英語学科を卒
業。二児の母。ノースランドで五年間の
教員経験を経て、日本からの留学やワ
ーホリ、その他の旅行者をサポートする
会社『Best Ed Northland』を設立。
通訳、日英翻訳、経理などいろいろなこ
とをしております。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSとカウンター

    



ブログランキング

banner.gif



フリーエリア



スポンサーズ リンク



お役立ちリンク

newzealand.com
Visit the Official Site of Destination New Zealand
NZ政府観光局提供の観光案内



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



発音ってそんなに大事?
ワーホリのHさんがある日「私の英語、発音が悪いせいか通じないんですよね」と深刻な顔で言ってきました。彼女ばかりでなく、日本人は自分たちの英語の発音は世界一悪いと思っている人が多いんですよね。でも、果たしてそうなんでしょうか?

少なくとも私が経験した中では答えは「No」です。うちの夫みたいに「単に聞いてない」、知り合いのように「耳が遠い」、「周りがうるさい」、「その話題に興味がない」など、相手側にも非があることも少なくありません。

聞き慣れた人の英語は分かりやすいですよね。だったら、相手を日本人英語に慣らしてしまえばいいことです。発音を直そうと努力しても、私たちの英語に慣れていない人に会ったらまた通じません。ネイティブだって、夫の友人のGのようにみんなから"Speak English, G!"と言われ続けている人もいますし、アイリッシュも南アフリカ人も最初は分かりにくいですよ。みんなに通じる英語というのはネイティブでも難しい。だったら、お金をかけて発音の矯正をするよりはガンガンしゃべって相手を慣らしてしまえばいいのではないでしょうか?

それに、発音矯正って簡単なことではないんですよ。以前、極端にカタカナ英語だった留学生に発音矯正をしてもらったことがあります。先生はプロのスピーチセラピスト。でも、一つ一つ単語を発音させるとそんなにひどくないんですよね。1回で合格してしまう。でも、実際の会話になると文章を作る方に意識が集中してしまって発音にまで気を配れなくなるのか、逆戻り。そのセラピストに「ねぇ、この子はネイティブじゃないから、まずはきちんと英語の文章が作れるようになって、発音まで考えられる余裕が出てからの方がいいんじゃないかしら」と言われてしまい、数回で終わらせられてしまいました。

また、日本人が発音に飛びつく理由は「それが一番ラクそうだから」ではないかと密かに思っています。だって、文法とか語彙は覚えるのに相当の時間も努力も必要だけど、発音だけならと安易に考える人が多いでしょ。

でも、ですよ。言われたことが難し過ぎて分からなかったらどうします?少なくとも「書いてもらえば分かる」レベルに文法&語彙力が達していなかったら発音がよくても何もなりません。日本人なのに日本語を落としたS君は問題文が理解できずに答えがかけませんでした。文章の読解には発音は関係ありません。通じなかったら書けばいいけど、書けなかったら他の手段はありません。(これ、結構多いんですよ。数学も問題が理解できなくて解けないとか。日本人ばかりでなくネイティブの中にもこういう人はいます。

日本ではメディアに洗脳され、英語の発音にコンプレックスを持つ日本人が多いのは残念です。もっと自信を持って話せるように教育してくれればいいのにと思います。まぁ、昔から日本はまず自分はダメだと思わせてから学ばせるというやり方なので、自信を持つということがとても難しいのだと思います。私もいまだに自信がありません。

リスニングもHさんなんか「他の人が言っていることがよく分からないとマーガレットがやさしい英語で説明してくれます。そうすると分かるんですけど、私、リスニング、本当にダメなんです」って落ち込んでました。でも、それはリスニングがダメなんじゃなくて、語彙力や文法力がないから理解できないということですよ!聞き取っても意味が分からないのはリスニングを強化してもよくなりません。だって、マーガレットの英語は分かるんですよ。だから、英語が聞き取れないんじゃないんです。

ウダウダ言わずにまずは語彙力&文法力を身につける努力をしましょー!発音はそれからです。
スポンサーサイト



テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

"Happy"は「幸せ」じゃない?!
素敵なコメントに押され、第2弾です。

だいぶ前に、何度かうちに夕ご飯を食べに来ていた友人の日本人英語教師が夫に"You are happy because your wife cooks well."と言った。日本人の私は「奥さんが料理上手であなた幸せね~」と言っているのだとは分かったが、夫は理解するのに少し時間がかかった。

このミスを指摘してあげるのがいいのか、それとも黙っているのがいいのか、考えているうちに彼女は帰国してしまったのだが、その後、留学生が同じミスを犯した。

この意味の場合、私だったら"You are lucky because your wife is a good cook!"と言うだろう。しかも最初の部分は"Aren't you lucky?"にするかも。

まぁ、後の部分は個人の好みだろうが、まずこの場合Happyは使わない。その理由をいろいろ調べたが、これというのが見つからなかった。「何となく」なのだ。

でも、私なりに理由をつけるとすれば、"Happy"は「楽しい」になるのではないかと思う。普通は「奥さんが料理上手で」「楽しい」とはならないかな~。

あと、"your wife cooks well"と言うか"your wife is a good cook"と言うか。後者の方がネイティブだろう。

こういうのはホントに感覚の問題だ。日本人が「私は料理が下手」とは言うけど「私は理科が下手」とは言わないのをキウィが理解するのと同じぐらいの時間住んでいないと分からない事かも。(これをね~、キウィの日本語の先生で教科書まで作って売ってる先生も間違えるんですよ。それを指摘したら「私は日本人のアシスタントに校正してもらいました」って。そのアシスタントも全国規模で教科書が売られるとは思わずに、先生を傷付けないように適当に返事したんでしょう。でも、日本人のこの先生にその場ではっきり言えなかった私も同罪だけど。)



テーマ:日常英会話 - ジャンル:学校・教育 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート

Canとmay
いつもシャワーを浴びたい時、私は"Can I use the bathroom?"と聞いていた。そしたら娘が"Can you, Mummy?"と突っ込んで来るのだ。それに夫が加担して"Can you physically use the bathroom, Honey? Can you turn the shower on?"とすごい意地悪をする。そう、この状況では"Can I ~?"はおかしいのだ。"May I ~?"でなければならない。

canはability(能力)を表す言葉で、この場合には「私はこのバスルームを使う能力がありますか?」という意味だ。つまり、夫の言うように「手首が痛くてシャワーをオンにできないから」という意味も含まれる。

なので、人に物を頼む時、"Can you ?"も失礼になることがある。「できるか?いや、あんたにはできないだろう」の意味になってしまう。この時は"Would you please ~?"で行くと間違いない。

あ~、でも習慣とは恐ろしいもので、私はずっと"Can I ~?"だったから、素直に「はい、そうですか」とできるかどうか。。。

そう言えば、幼稚園でも園児に「帰っていいよ」という時、"You can go."ではなくて"You may go."だもんな。がんばって変えなきゃ。
テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育 [PR] 台湾ワーホリ・留学サポート